2019年11月

掃除がしやすいお風呂のポイントを紹介します

「お風呂をリフォームして、掃除がしやすいように変えたい」


「どこにリフォームのポイントがあるのか知りたい」


お風呂掃除って大変ですよね。


リフォームでお風呂掃除をしやすいように変えたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


今回は、掃除がしやすいお風呂にリフォームするためのポイントをご紹介します。




□お風呂の掃除しにくいポイントを考えよう


*カビが出やすい


カビがすぐに発生するお風呂は掃除が大変でしょう。


その場合、壁や床の素材が原因であることが多いです。


また、浴室乾燥機がないと、浴室内に湿気がこもってカビが発生しやすくなります。




*排水口の汚れ


排水口の掃除も面倒です。


髪の毛がたまるのって、取りづらい場合がありますよね。

LIXILアライズ


*ドアに汚れがたまりやすい


ドアも実は汚れがたまりやすい場所です。


すき間にカビが発生して、黒ずみが取れなくなる場合があります。


□掃除がしやすいお風呂にリフォームしたい!


*浴室乾燥機


お風呂は使った後にジメジメしますよね。


浴室乾燥機を設置すれば、カラッと乾かしてくれます。


カビも防げるのでおすすめです。

LIXIL浴室乾燥


*特殊表面加工の壁や床


特殊表面加工の壁に変えれば、とても掃除がしやすいです。


汚れがつきにくく、掃除もさっと水で流してスポンジで拭き取れば完了します。





*換気口が上にあるドア


お風呂のドアは汚れやすいです。


上部に換気口がついたものに変えれば、湿気がたまるのを防げてカビが発生しなくなります。



*ステンレス製のヘアキャッチャーを排水口に置く


排水溝には、髪の毛やせっけんの汚れがたまっていきます。


お風呂の中でも最も掃除が必要な場所でしょう。


ここで、ヘアキャッチャーをステンレス製に変えるのがおすすめです。


汚れがこびりつきにくく、洗い流せばすぐにきれいにできます。


*浴室まわりの水道管も確認しておこう


水道管が古くなってくると、水漏れを起こしてしまうかもしれません。


そうなると、周囲の床や壁も腐食する場合があります。


お風呂をリフォームする際は必ず確認しておきましょう。


□まとめ


今回は掃除がしやすいお風呂にリフォームするためのポイントをご紹介しました。


この記事を参考にして、お風呂のリフォームを成功させてみてはいかがですか。


浪速区にお住まいの方で、お風呂のリフォームをされる方は、当社にお任せください。


当社では創業以来培ってきた職人の確かな技術と施工品質があります。


お客様のご要望にしっかりと応えられるリフォームを提供します。


まずはお気軽にご相談ください。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

お風呂のリフォームをするなら必見!成功するための失敗例をご紹介します!

「お風呂のリフォームを検討している」


「リフォームに失敗したくない」


お風呂のリフォームは絶対に失敗したくないですよね。


そのため、どのような失敗例があるのか気になるのではないでしょうか。


そこで今回は、お風呂のリフォームの失敗例をご紹介します。




□お風呂のリフォームの失敗例


*追加工事が発生した


リフォームの工事が始まってから、不具合が見つかったり機能を追加したくなったりして、追加工事が発生する場合があります。


追加工事には高額な料金が設定されているかもしれません。


あらかじめどの程度のリフォームが必要かしっかり話を聞いてくれる業者を選びましょう。




*狭くなった


リフォームをした結果、想像以上に浴室が狭くなる場合があります。


特に浴槽の中で脚を伸ばせないのはストレスですよね。


*広くなりすぎた


逆に広くなり過ぎる場合もあります。


あまりにも広いと冬場には浴室がなかなか温まらず、寒くなるかもしれません。


*カビが発生しやすくなった


壁をデザインだけで選んだ結果、カビが発生しやすくなることがあります。


壁の素材選びは慎重にしましょう。




*排水管トラブルが起こった


水を流した時に変な音がしたり悪臭がしたりするようになる場合があります。


このような不具合に気づいたら、すぐに業者に連絡しましょう。




*使わない機能が増えてしまった


新しい機能をつけるのは、魅力的に感じられますよね。


しかし、全く使わない機能が増えてしまう場合があります。


本当に使うかどうかは事前に検討しましょう。



□どうすればお風呂のリフォームがうまくいくの?


*ショールームに行こう


ショールームに足を運び、業者の人の話を聞きながら、実物を目で確認しましょう。


色々な選択肢を比較検討すれば、失敗しにくいです。





*本当に必要な機能かどうか考えよう


リフォームで追加しようとしている機能は本当に必要でしょうか。


要らない機能が増えてしまうと、もったいないですよね。


*入浴した時のサイズ感を確かめよう


実際に自分で浴槽に入ってみて、サイズを確認しましょう。


窮屈な浴槽では疲れを取りにくいかもしれません。



*実績のある業者に依頼しよう


お風呂のリフォーム実績のある業者を選びましょう。


しっかりと話を聞いてくれる業者が良いです。


□まとめ


今回はお風呂のリフォームでの失敗例にはどのようなものがあるかご紹介しました。


毎日入るお風呂は、誰にとっても重要な場所ですよね。


この記事を参考にして、リフォームを成功させてみてはいかがですか。


浪速区にお住まいの方で、お風呂のリフォームをされる方は、ぜひ当社にお任せください。


当社では創業以来培ってきた職人の確かな技術と施工品質があります。


お客様のご要望にしっかりと応えられるリフォームを提供します。


まずはお気軽にご相談ください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

 

リフォームをお考えの方必見!キッチンの背面収納のポイントをご紹介します!

「キッチンを背面収納がついたものに変えたい」


「背面収納をつける際のリフォームのポイントが知りたい」


背面収納つきのキッチンって便利そうですよね。


リフォームを考えているなら、背面収納を検討されている方も多いのではないでしょうか。


背面収納は便利ですが、注意しないと逆に不便になる場合があります。


そこで今回は、キッチンに背面収納をつけるときのポイントをご紹介します。
参照:LIXILシエラ



□キッチンを背面収納がついたものに変えたい!


*背面収納とは何か?


背面収納とは、キッチンの後ろにある壁に設置する収納スペースのことです。


最近増えている対面のカウンターキッチンでは、後ろの壁に収納スペースを設置することがほとんどです。




*どんなメリットがあるのか


調理器具や食器を背面収納にしまっておけば、料理の際にすぐに取り出せるのに加え、片付けも楽になります。


下準備や片付けがスムーズにできるようになるのが最大のメリットです。




□リフォームの際の注意点


場合によっては背面収納をつけて逆にキッチンが使いにくくなるかもしれません。


*高すぎる位置にある


背面収納を高すぎる位置に置いてしまうと、身長と合わず、背伸びをしても届かない場合があります。


この場合はいちいち台を置いてから食器をしまう必要があるので、とても面倒です。


*扉を付ける時は、引き戸がおすすめ


扉をつけるなら、断然引き戸がおすすめです。


キッチンのスペースは限られていますよね。


手前に引くタイプの扉は、開けるだけでスペースを取ります。


引き戸なら横にスライドさせるだけなので、必要以上にスペースを取りません。




*リビングからの見え方に気を付けよう


背面収納は、リビングから見えやすい位置にあります。


そのため、食器や調理器具がごちゃごちゃしていると見栄えが悪いです。


リビングからの見え方に気を付けて、すっきりと収納できるようにしましょう。




*入念な設計をして、使いやすくしよう


背面収納をつけるなら、とにかく入念に設計をするのが重要です。


作業をするスペースは狭くならないか、スムーズに動けるか、ストレスなくキッチンを使えるかなどについてよく確認して設計してもらいましょう。


□まとめ


今回は、キッチンの背面収納をつける時のポイントをご紹介しました。


背面収納のメリットと注意点をご理解いただけたでしょうか。


浪速区にお住まいの方で、キッチンに背面収納をつける時は当社にお任せください。


当社では創業以来培ってきた職人の確かな技術と施工品質があります。


お客様のご要望にしっかりと応えられるリフォームを提供します。


まずはお気軽にご相談ください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

リフォームをお考えの方へ!キッチンのリフォームで失敗した例を紹介します!

「キッチンリフォームがしたいけれど、失敗しないか不安」


「キッチンリフォームの失敗例を知りたい!」


キッチンリフォームをしようとしている方は、失敗しないか不安ですよね。


キッチンは家の中でも使用頻度が高く、こだわりたい場所でしょう。


リフォームするなら使い勝手の良いキッチンにしたいはずです。


そこで今回は、キッチンリフォームを失敗した例をご紹介します。



□キッチンリフォームを失敗した例


*調理スペースが狭くなった


シンクとコンロってなるべく大きくして広々と使いたいですよね。


しかし、調理スペースが狭くなると逆に使いづらいです。


リフォームをする時は予算やスペースがどうしても限られています。


どこかを広くするとどこかが狭くなるのを忘れないようにしましょう。






*キッチンの高さが自分に合わない


キッチンの調理台やシンクの高さが自分に合っていないという失敗例もあります。


キッチンが高すぎると、調理や洗い物がしづらいです。


リフォームしてから使いにくいことに気づいていては遅いでしょう。


サイズはよく注意して確認しましょう。


*床下収納が意外と不便


床下収納を作りたい方は多いのではないでしょうか。


しかし、意外と物を出し入れするのが面倒です。


リフォームで作ってみたものの、年に数回しか使用しないという場合もあります。


本当に必要なのか、どのような物を入れるために作るのかを考えてから作りましょう。



*キッチン以外のスペースが狭くなった


リフォームでキッチンを大きくした結果、その他の使えるスペースが狭くなったというのは、よくある失敗例です。


生活の中で実際にキッチンを使うイメージをしっかり持ってからリフォームをしましょう。

リフォームで空いたスペースに可動棚をつくりました。

 


*ゴミ箱を置くスペースがない


ゴミ箱を置くスペースが確保できないという失敗もあります。


ゴミ箱は意外にスペースを取ります。


予算を抑えるために無駄なスペースのないキッチンにすると、逆に困ってしまうかもしれません。


*コンセントの位置が遠くなり過ぎた


リフォームした結果、コンセントの場所が遠くなって炊飯器や電子レンジが使えなくなるという失敗もよくあります。


延長コードはできるだけ使いたくないですよね。


あらかじめコンセントの位置はよく確認しておきましょう。




□まとめ


今回は、キッチンリフォームを失敗した例とその対策についてご紹介しました。


浪速区でリフォームを検討されている方は、当社にお任せください。


当社では創業以来培ってきた職人の確かな技術と施工品質があります。


お客様のご期待に応えられるリフォームができます。


当社のwebサイトをご覧いただければ、キッチンや水回りの納得価格表も掲載されています。


リフォームを考えている方は、まずはお気軽にご相談ください。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

台風でベランダに被害を受けた堺市の方必見|リフォームに火災保険が適応できる?

「台風のせいでベランダが壊れてしまった。」


「火災保険を利用してベランダをリフォームできるって本当?」


日本は災害が多く、その被害でベランダが壊れてしまう事例は多くあります。


火災保険を利用してリフォームできるのはご存じでしたか。


本記事では火災保険を利用して、リフォームできることを知っていただけたらと思います。

 


 

 

□火災保険を利用できる場合


 

火災保険を利用してリフォームするためには、実際に損傷を受けた部分が自然災害によるものであると認められる必要があります。


また、工事にかかる費用が20万円以上である必要があります。


実際に火災保険を利用できる災害をいくつか解説します。




 

*風災


 

風災は台風や突風など、最大瞬間風速が秒速20メートル以上の強い風による災害です。


毎年夏頃にテレビで、強い台風の影響を受けて屋根が吹っ飛ばされている光景を見たこともあるのではないでしょうか。



 

*雪災


 

冬に雪がよく積もる地域でよく起こる災害です。


あまりにも多くの雪が屋根の上に積もると、重さに耐えきれず、屋根が壊れてしまったり支柱が曲がったりすることがあります。


 

*その他


 

あまり頻繁に起こる災害ではないですが、地震や雹(ひょう)などによる損傷に対しても、火災保険を適用できる場合があります。


 

 

□実際に災害による被害を受けた場合


 

台風をはじめとする災害によって、建物が被害を受けてしまった場合に火災保険を適用してリフォームするための手順を紹介します。


 

*業者に被害を見てもらう


 

被害が自然災害によるものであると認められた場合に、火災保険が適応できると解説しました。


そのため、被害状況の確認を業者に行ってもらう必要があります。


 

*工事にかかる費用の見積もりを行う


 

火災保険が適応できると確認できたら、次は工事にかかる費用を見積もってもらいます。


工事にかかる費用が20万円以上であると判断されたら、火災保険を適応するために必要な書類を保険会社に送付してもらいましょう。


 

 

□まとめ


 

今回は、火災保険を利用してリフォームができることを紹介しました。


火災と名のついた保険なので、自然災害による損傷を直すのに火災保険を利用できることを知らなかった方もいたのではないでしょうか。


もちろん災害が起こらないのが一番ですが、いざという時のために知っておくと安心できますよね。


また、当社は堺市を中心に建築事業に取り組んでいます。


お客様に納得して頂けるよう、丁寧な対応を心がけています。


何かわからないことがあれば、お気軽にご連絡ください。




QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

堺市で台風の被害を受けた方必見|火災保険の適応範囲について

「火災保険って、火災の時しか適応できないのでは?」


「火災以外でも適応できると聞いたけど、実際どのような被害に対応してくれるのかな。」


日本は災害が多い国であり、災害による被害も必然的に増えてしまいます。


火災保険は、火災以外にも適応できる場合があることをご存じでしたか。


今回は、台風の被害を受けた場合を例に火災保険を適応するための方法と、適応範囲について詳しく解説します。

 

 

□そもそも火災以外に火災保険を適応できる場はどんな時なのか


 

火災保険と名付けられているので、火災に対応してくれる保険であることは理解していると思います。


しかし、他のどのような場面で火災保険が適応できるのか、詳しく知っている方は少ないですよね。


火災以外で火災保険を適応できる場合は、自然災害によって被害を受けたと認められた場合で、その修理費用が20万円を超える時です。


自然災害の例として、台風や地震、積雪が挙げられます。


 

 

□台風による被害を受けた際に実際に火災保険を適応するための手順


 

*業者に被害を確認してもらう


 

被害が自然災害によるものであると判断された時が、火災保険を適応するための条件であるとお伝えしました。


これを判断してもらうために業者に確認してもらいます。


 

*工事にかかる費用を見積もってもらう


 

火災保険を適応するための条件として、工事にかかる費用が20万円を超えている必要があるので、費用の確認をするために見積もりを行ってもらう必要があります。


 

 

□台風の被害を受けた際の火災保険の適応範囲の例


 

台風による被害は大雨というより、強風による被害が非常に多いです。


 

・強風による被害を受けて、屋根や雨どいが損傷した


・物が強風によって飛ばされ、外壁に穴が空いた


・車庫がへこんでしまった


 

このような場合のほとんどで、火災保険が適応できます。


火災保険の適応範囲は予想以上に広いので、被害を受けてしまった場合は火災保険の適応をぜひ考えてみてください。


 

 

□まとめ

 

今回は、火災保険の適応範囲について台風を例に詳しく解説しました。


火災保険と名付けられているので、火災の被害しか適応できないと思っていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。


しかし、本記事では自然災害であれば、適応できる場合もあることが理解して頂けたと思います。


災害がないのが一番良いですが、火災保険がいろんな災害に適応できると知っておけばいざという時に役立つかもしれませんね。


また、当社は堺市を中心に建築事業に取り組んでいます。


お客様に納得して頂けるよう、丁寧な対応を心がけています。


何かわからないことがあれば、お気軽にご連絡ください。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

堺市で台風の被害を受けた方必読|リフォームに火災保険を適応する際の注意点は?

「火災保険の適応範囲でリフォームできるって本当?」


「火災保険を利用してリフォームする際に気をつけるべきことを知っておきたい。」


火災保険を利用してリフォームできることをご存じでしたか。


リフォームをする際に火災保険を利用するとメリットがある一方で、注意すべきポイントもいくつかあります。


そこで、今回は火災保険を利用して、リフォームする際の注意点について詳しく解説します。



 

 

□リフォームをする際に火災保険を適応できるのはどのような時か


 

リフォームをする際に、毎回火災保険を適応できるわけではないので注意が必要です。


それでは、火災保険を適応できる場合とはどんな時でしょうか。


基本的には、自然災害による被害を受けたと認められた場合かつ、修理や修繕などをしなければならない場合に適応されます。


修理や修繕と違い、より住みやすい家にするために行われるリフォームでは適応されないので注意しましょう。




 

 

□リフォームに火災保険を適応する際に注意すべきこと


 

*負担金ゼロの内容をしっかり確認する


 

リフォームを検討する際、負担金ゼロで修理すると言われて契約したところ、保険対象外が多くなり、自己負担が大きくなってしまったという実例があります。


しかしこれは、負担金ゼロというフレーズを掲げた契約をやめておくべきという意味ではないです。


見積書の内容をしっかりと確認し、曖昧な部分をはっきりさせた上で契約を考える必要があります。




 

*訪問販売に注意する


 

リフォームに火災保険を使用できるといって訪問してくる悪徳業者もいます。


業者が訪問してきた際に契約を結んでしまい、後になって契約を解除しようとしたところ、法外な違約金を請求されてしまったという事例があります。


訪問販売の際は、冷静に判断することが難しいです。


その場で決めず、一度冷静に考えることをおすすめします。




 

*老朽化など、自然災害に関係ない被害に火災保険を適応しようとする


 

自然災害による被害であると認められた際に、火災保険を適用できるとお伝えしました。


うその理由によって火災保険を適用しようとした場合、保険金詐欺に繋がる可能性があるのでやめましょう。


 

 

□まとめ


 

今回は火災保険を利用して、リフォームする際の注意点について詳しく解説しました。


火災保険を利用してリフォームできることを知らなかった方もいたのではないでしょうか。


リフォームをご検討の際は、本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。


また、当社は堺市を中心に建築事業に取り組んでいます。


お客様に納得して頂けるよう、丁寧な対応を心がけています。


何かわからないことがあれば、お気軽にご連絡ください。




LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

【堺市でリフォームをお考えの方へ】台風で床下浸水したときのリフォームはどうする?

「台風で床の上まで水に浸かってしまい、腐敗し始めていて焦っています。」


「床下浸水は火災保険に該当するのか心配で、今必死に調べているところです。」


上記のように、台風による大雨で床が濡れてしまったことにより、住宅の床部分のリフォームをお考えではありませんか?


台風のときの大雨は、時と場所によってはすさまじい状態になることも多々あります。


テレビでも台風の時期に1度は目にしたことがあると思いますが、床下浸水した家の家具や道具の状態はかなり悲惨なことが多く、とてもつらい表情をされた方が映っています。


彼らの多くは家具や家電製品、道具が使えなくなったことだけでなく、床下浸水の修復費を考えてさらにつらい思いをされていることでしょう。


確かに台風や大雨は自然災害なので未然には防ぎにくいですが、本当に事前に対処できないものでしょうか?


「もしものときのために火災保険に加入しておいたけど、床下浸水には補償が効かないのかな?」


と中にはこのように不安に感じている方もいらっしゃることでしょう。


そこで今回は、堺市で台風による床下浸水した家にお住まいの方へ、床下浸水によるリフォームは火災保険の補償の内容に該当するのかについて解説します。


 

 

□床下浸水は火災保険の対象になるのか?


 

毎年日本のどこかで水害が起こりますが、果たして水害による被害、とりわけ床下浸水は保険の対象になるのでしょうか?


結論ですが、火災保険に加入するときに保険の対象を以下の3通りの中から1つを選びます。


しかし、それぞれの場合によって結果が異なります。


・建物だけにした場合


・家財だけにした場合


・建物と家財のどちらも対象の場合

また前提条件として、以下の2つのうちのいずれかの場合でなければいけません。


・再調達価額の3割以上の損害を受けた場合


・床上浸水または地盤面から45cm以上の浸水があったとき


建物だけを補償の対象にした場合であれば建物は言うまでもなく、建物の敷地内にあり火災保険に加入している方が持っているものであれば、補償の対象になります。


具体的には床や庭木、窓や扉、建物自体や物置、車庫などが該当します。


一方で保険の対象を家財のみにした場合を選べば、火災保険の対象の敷地内にある家財のみが補償の対象です。


具体的には家具や家電製品、自転車や衣類などが該当します。


保険の対象を建物と家財のどちらも選んだ場合であれば、上記の2項目どちらも補償の内容に入ってきます。


 

 

□まとめ


 

今回は、堺市で台風による床下浸水した家にお住まいの方へ、床下浸水によるリフォームは火災保険の補償の内容に該当するのかについて解説しました。


火災保険に加入していても3つの場合がありますので、慎重に調べていく必要があります。


ぜひしっかり確認して、少しでも損害費用を少なくしましょう。


LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

【堺市で台風によって雨漏りした家にお住まいの方へ】火災保険でリフォームできるの?

「この前すごい台風があって、それ以降に雨漏りが止まらなくなったのですが、何をすべきかわかりません。」


「家を建てるときに火災保険に加入したのですが、雨漏りは火災保険の対象になりますか?」


突然の雨漏りという事態に、驚きつつ困惑していらっしゃらないでしょうか。


雨漏りしている箇所にバケツを置けば問題ないと考える方もいらっしゃると思いますが、雨が降るたびに毎回対処しなければならないということを考慮すると、すぐにでも修復したくなるかと思います。


しかし、雨漏りの修復費は高そうですし、すぐに用意できる金額ではないとお困りの方も多いと思います。


そこで火災保険に注目するかと思いますが、はたして火災保険は雨漏りの修復費まで補償内容に含まれているのでしょうか。


そこで今回は、堺市で台風による雨漏りがきっかけでリフォームを検討中の方へ、火災保険を適用できるのかについてご紹介します。


 

 

□雨漏りの修復は火災保険の補償内容なのか?


 

火災保険には、実は全部で3種類あります。


住宅火災保険は一般的な火災保険にあたるもので、火災だけでなく落雷や風雨などのような、主に自然災害に対する被害を補償してくれます。


住宅火災保険の内容に、さらに水に関するトラブルや破損、盗難や物理的な被害だけでなく持ち出した家財に対しても補償してくれるのが住宅総合保険です。


そして新しくできた火災保険は、さらに敷地内にある設備も補償内容に含まれるだけでなく、補償金額の負担してくれる額が増え、より安心できる内容になっています。


ここで雨漏りは自然災害に該当することが多く、正式に認められれば住宅火災保険の補償の対象になり、雨漏りの修復費を軽減してもらえます。


また、場合によっては無料で修復できることもあります。


 

 

□風災について知っておこう


 

火災保険について学習する上で欠かせない重要な言葉は、「風災」です。


火災保険での自然災害をとくに「風災」と呼び、台風や強風、雪や雹(ひょう)、大雨や洪水などが当てはまります。


火災保険会社に、雨漏りが風災として認定されるかどうかがポイントです。


 

 

□まとめ


 

今回は堺市で台風による雨漏りがきっかけでリフォームを検討中の方へ、火災保険を適用できるのかについてご紹介しました。


雨漏りは家の被害をさらに大きくするため、すぐに対処すべき問題です。


ぜひ加入されている火災保険について調べ、火災保険会社に直接問い合わせるなどして、少しでも安く雨漏りの修復をしましょう。




LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

初めての方はこちら

お客様の声

リフォームパークスについて

施工事例

会社案内

お役立ち情報

お問い合わせ

    • フルリフォームにかかる費用はいくら?詳しく解説します!

    • 「一戸建て住宅のリフォームを検討している。」 「フルリフォームにいくらかかるのか大体の費用を知っておきたい。」 住宅のリフォームを検討し
      >>詳しく見る
    • 一戸建てのフルリフォームにかかる期間について解説します!

    • 「一戸建ての住宅のリフォームを検討している。」 「部屋ごとにかかる期間についてあらかじめ詳しく知っておきたい。」 フルリフォームを検討し
      >>詳しく見る
    • マンションリフォームで結露対策!原因と対策をご説明します!

    • みなさんは結露の対策をしていますか。 結露を放置しているとカビやシロアリの発生などのトラブルを引き起こすかもしれません。 そのような事態
      >>詳しく見る
    • 住宅には何年住めるのか?フルリフォームが必要な場合も紹介

    • 「持ち家に長期間住み続けているけど、あと何年住めるのだろうか。」 「フルリフォームをした方が良いのか新築住宅を購入した方が良いのかわからない。
      >>詳しく見る
    • 住宅の耐用年数は?フルリフォームが必要な場合を解説

    • 「リフォームをするとどれくらいの期間住宅を維持できるのか気になる。」 「耐震補強が必要な理由について詳しく知りたい。」 持ち家の耐用年数
      >>詳しく見る
選ばれる理由
LINEで見積り

WEB限定価格!暮らしのリフォーム価格表

  • 暮らしを楽しくわくわく価格表
  • 暮らしの困った解決価格表

私たちがお悩みを解決し、わくわくできる住まいにします!

リフォームパークス大工紹介

プロと一緒に、とことん相談しながら体験見学できる!

オーダーメイドショールームツアー