マンションリフォームをしたいけど老後はどうなるの?浪速区の方へ解説!

「マンションをリフォームしたいけど、老後が心配で踏み切れない」


このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。


ライフスタイルの変化に応じて住居を整えることは非常に大切です。


そこで今回は、老後に備えたリフォームの方法を詳しく解説します。


□子どもが独立した後のリフォームとは?


お子様が独立されたご家庭におすすめしたいのが、住宅のバリアフリー化です。


バリアフリー化するメリットを3つご紹介します。


まず1点目は室内で起こる事故を未然に防げる点です。


高齢者が寝たきりになってしまうきっかけとして、最も多いのは何が原因かご存知でしょうか。


それは転倒事故です。


年齢はあがるにつれて足が上がりにくくなり、転倒する傾向が高まってしまいます。



これは室内でも同じことが言えるでしょう。


そのため、転倒の可能性がある部分はバリアフリー化することをおすすめします。


2点目は、段差を減らすことで介護のストレスが軽減できる点です。


自宅で家族の介護をする方は多いと思います。


たとえ住み慣れている住宅であっても、介護する前提で建てられていない住宅は、介護の負担が大きくなってしまうでしょう。



例えば車いすを使って移動するときは、段差の存在がとてもネックになります。


スムーズに移動できないことを繰り返すうちに、それがストレスをなってしまうことは想像しやすいですよね。


このように、若い人や健康な人であればあまり気にならない段差ですが、介護が必要な人や介護をする方にとって、それは障害に過ぎません。


意識して家の中の段差を探してみると、予想以上に段差が見つかるのではないでしょうか。


介護というのは期限が決まっているわけではなく、精神的にも肉体的にもストレスがかかるものです。


その負担を少しでも減らすために、リフォームでバリアフリー化することを考えてみてはどうでしょうか。



3つ目のメリットは、生活動線を補助する器具によって移動が楽になる点です。


手すりや滑り止めを住宅に導入することによって、足腰に不安のある方の移動を補助できます。


自力で立ち上がる手助けにもなるでしょう。


また手すりは、滑って転んだときのような、いざというときに掴むものとしても役立ちます。



□マンションでできるバリアフリーリフォームを紹介します


戸建てのバリアフリーリフォームは、玄関ドアの拡大や浴室の取り換えのような大規模改修ができます。


マンションでは、これらのような大掛かりなリフォームは検討が必要ですが、大半の基本的な改修は可能です。


マンションで多く行われている代表的なバリアフリーリフォームを紹介しましょう。


まずは室内の段差解消です。


段差をスロープにして、車いすを使用する方にも対応します。


小さな段差であれば床を改修しなくても、段差箇所に簡易スロープを取り付けるだけで移動が楽になるでしょう。


次は廊下や浴室などへの手すりの取り付けです。



転倒防止や移動の手助けをしてくれるでしょう。


さらに、引き戸への交換もほとんどのマンションで対応可能です。


ドアを引き戸にすることによって、車いすの方でも自分でドアの開閉ができるようになります。


万が一ドアを引き戸へ交換できない構造の場合は、レバータイプのドアノブに交換することをおすすめします。


これによって握力の低い方でも持ちやすくなるため、ドアを開閉しやすくなるでしょう。



床材の張り替えもバリアフリーリフォームの一種です。


滑りにくい床材にすることで、転倒防止対策を行います。


このように、マンションリフォームのバリアフリー化の種類はさまざまです。


住宅の構造や予算の都合によって大規模改修が行えない場合でも、少しの工夫で快適な暮らしを実現できるため、ぜひ参考にしてみてください。




□老後に備えたリフォームのポイントとは?


老後に備えてリフォームするときの具体的なポイントを紹介します。


はじめに、バリアフリーが必要な場所を考えましょう。


老後のことを考えてバリアフリー化することは非常に大切ですが、手当たり次第にリフォームをすれば良いというわけではありません。


リフォームを行う前にそれが本当に必要なものなのか必ず確認しましょう。



また、老後に向けたリフォームでは、夫婦の距離感を保つ空間づくりが重要なポイントです。


子どもが独立して夫婦2人の時間が増えると、いくら長年連れ添った相手だとしても、長時間顔を合わせていたら息が詰まってしまいますよね。


そういった状況を解決するために、夫婦それぞれが独立した空間をつくることが大切です。


昔子ども部屋だったものを改修して、書斎や趣味をする部屋などを作ってみると良いかもしれませんね。



□まとめ


ライフスタイルによって住みやすい家は変わっていきます。


将来を見据えたリフォームをすることは、老後の生活の安心に繋がるでしょう。


また、当社は浪速区周辺の物件のリフォームを手掛ける建築業者です。


マンションリフォームについて何か気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。



大阪府内で、新型コロナウイルスの影響により
休業要請の対象となられた方はコチラをクリック⬇︎


国と大阪府の補助金を使って『店内の空気が5分に1回入れ替わる』環境省推奨の高機能換気設備を店舗に設置するチャンスです!

初めての方はこちら

お客様の声

リフォームパークスについて

施工事例

会社案内

お役立ち情報

お問い合わせ

    • 老後に備えてどのようなリフォームが効果的?

    • これまでは暮らしやすかったお家も築年数が経つにつれて、水回りなど徐々に劣化が目立つようになります。そしてご家族の年齢も高くなると、徐々に住み心地にも
      >>詳しく見る
    • 要注意!よくあるキッチンリフォームの失敗例をご紹介します

    • 「おしゃれなキッチンにリフォームしたい」リフォームを検討されている方で多くの方がこのような理想を描いておられます。ただ、理想と実際に使ってみて感じる
      >>詳しく見る
    • 後悔しないために!中古戸建てリノベーションでやっておけばよかったと感じるポイント

    • 最近では新築でお家を建てられるのではなく、中古で一戸建てを購入し、新築同等のリノベーションを選択される方が増えています。地域によっては新築価格が高騰
      >>詳しく見る
    • マンションにリフォームで換気設備を後付けできる?

    • コロナの影響で換気への重要性が高まりました。直接感染を防止できるというデータはありませんが、備えるに越したことはありません。コロナ対策でなくてもお家
      >>詳しく見る
    • マンションで3LDKを4LDKにリノベーションするのは可能?

    • 家族構成が変われば生活スタイルも徐々に変わっていきます。日々生活するお家も家族構成、生活スタイルに合わせる必要があると考えています。特に最近だとコロ
      >>詳しく見る
お客様の想いをカタチにするワンチームリノベーション
選ばれる理由

私たちがお悩みを解決し、わくわくできる住まいにします!

リフォームパークス大工紹介

プロと一緒に、とことん相談しながら体験見学できる!

オーダーメイドショールームツアー