安心のリフォーム・リノベーションの流れ

まずは不安を
払拭させることからスタート!

何でもご相談ください。
丁寧に説明させて頂きます。

「金額を提示する前に親身に何度も打ち合わせをしてくれた」
「どんな人が来てくれるか分かって安心できた」
といった工事完成後に喜びのお声をいただいているリフォームの流れがあります。

本ページでは、お問い合わせをいただいてから、どんなことをするのか、なぜそれが必要なのか、
工事が完成するまでの独自の流れを細かくご説明します。

FLOW 01 お問い合わせ

まずはお電話いただき、お客様のやりたいリフォーム、実現したいリノベーション、現状のお住まいで困っていることなど、お話を聞かせてください。
LINEやメールでのお問い合わせもお受けしておりますが、まずはお電話でお問い合わせいただくことをおすすめしています。

私たちがお電話を
おすすめする理由

リフォーム・リノベーションはお客様が主役です。
そのため、お客様のことを知ることが一番大切だと思っています。
ご要望、ライフスタイル、住まい方、好きなこと、好きなもの、お悩み、知りたいこと、どんなことでも聞かせてください。

また、私たちのことも知ってもらいたいと考えています。
代表菊井がご状況やご要望をひとつずつヒアリングいたしますのでご安心ください。
初めてリフォームをされるお客様からも「親身になって丁寧にアドバイスをくれたので安心できた」と好評です。

お問い合わせ後の流れ

お電話でのヒアリング後、お客様のご予定にあわせて、現場調査の日程を決めさせていただきます。
事前にLINEなどで写真・図面を見ながらお電話にて打ち合わせを行うことも効果的です。

FLOW 02 現場調査

プロの目で今の住まいのどこに問題があるのか、お客様のご要望が実現できるかを把握するために現場調査を行います。
現地にて調査を行わないと、プランニングや正確な見積もりの作成はできません。
そのため、まずは現地でお話を聞かせていただきます。

なぜ現地で現場調査・打ち合わせを行うことが大切なのか?

リフォーム工事は、新築とは異なり、実際に工事をする場所がすでに存在するからです。
お客様が希望する設備や家具は実際に設置することができるか?お客様が希望する間取りは実現できるのか?
住まいに不具合や問題はないか、構造・安全性・強度なども確かめます。

ヒアリングさせていただいた内容を、実際にリフォームを行う場所に触れながら確認させていただきます。

現場調査には誰が来るのか?

基本的には代表菊井、設計士の2人でお伺いします。
初回は代表菊井がお伺いすることも多く、元棟梁であり設計士の目線で行っていい工事や行うべきでない工事を現況より見極め、しっかりとご説明をさせていただきます。

現場調査の所要時間

リフォーム・リノベーションの工事内容によりますが、約1時間程度です。

FLOW 03 ファーストプラン

まずは大まかなご予算感を知っていただくため、現場調査の結果を基にご要望に合わせたファーストプラン(概算のお見積もり)をご提示いたします。

FLOW 04 お打ち合わせ

工事の金額はお客様のやりたいことや物件の状態によってさまざまです。
パッケージやプランなど予め商材や金額が決められた工事ではお客様の理想は実現できません。
お客様のやりたいリフォームに対し本当にかかる金額を知っていただいた上で、ご予算の中で実現できるように優先順位を検討したり、何度も何度も話し合いをしていきます。

FLOW 05 水まわり設備・建材・クロス選び

大まかなプランが決まると、次は設置する水まわり設備・建材・クロスを選んでいきます。
具体的なイメージを持つために、ショールームを一緒にまわり、様々なメーカーの商品を実際に体感することをおすすめしています。

ショールームで体感することを
おすすめする理由

リフォームは決して安い買い物とは言えないため、ショールームをまわりながら商品や設備の実際をしっかりと見ていただき、触れていただくこと、体感していただくことが大切だと考えています。

キッチンの使い勝手、お風呂の入り心地、トイレの座り心地を確かめたり、部屋をイメージできる大きな壁材を触ってみたり照明の明るさを確認したり、納得いくまで体感していただきたいと考えています。

私たちが一緒に
同行させていただく理由

ショールームの見学に行く際は、代表菊井と設計士または、コーディネーターが同行させていただきます。
代表菊井と設計士は、お客様のご希望の工事ができるかできないか、ご希望の設備が納まるか納まらないかなど、現場調査を行い、すでにリフォーム箇所の状況を把握・理解しているため、選択ミスが起こりません。
また、一緒にアイデアを出すことでリフォームの選択肢も増え、その場で「やっぱりこれがいい!」をプランに反映することができます。

ショールーム見学の実施タイミング

ファーストプラン後、ご契約後、お客様のご希望にあわせたタイミングで実施することが可能です。

FLOW 06 プラン決定・詳細のお見積もり

ファーストプランを元にお客様と何度も話し合いを重ね、いよいよ一緒に作り上げてきたベストなプランが完成します。

FLOW 07 ご契約

ご契約時には、工事の着手・工事完成の時期、工事が始まるまでに必要な準備事項についてご説明をさせていただきます。

FLOW 08 工事スタートまでの準備期間

プラン内容によって、工事までの準備期間は異なりますが、ご契約から工事スタートまでの期間の過ごし方が大切です。
工事スタートまで一緒に準備を行いましょう。

商品の色や仕様の詳細決め

水まわり設備や床材・壁材の色や仕様、詳細を決定していきます。
コーディネーターや設計士と一緒に、楽しく決めていきましょう。

工事中の生活の準備

リフォーム工事ができるように、荷物のお片づけをしていただきます。住みながらのリフォームが難しい場合は仮住まいの手配や、工事のスケジュールに合わせてお仕事のお休みの調整をしていただきます。

こちらの準備は、アドバイスをさせていただきながら、工事中の生活に向けての準備を一緒に進めていきます。
大掃除ができる大チャンスですよ♪

工事前の最終現場確認、職人挨拶

工事スタート前に最終の現場確認を行います。

その際には、代表菊井・設計士だけでなく、現場の工事を担当する大工・職人がご挨拶させていただきます。

特に住みながらの工事となる場合は長い時間一緒に過ごさせていただくこととなりますので、大工・職人のことを知っていただき、安心していただきたいからです。

近隣へのご挨拶

近隣の方には工事中は音だけでなく、戸建であれば工事車両の出入り、マンションであれば共有部への職人の出入りなどもあり、ご迷惑になってしまうこともあるので、事前にご近所様へご挨拶と工事の説明を行います。

特に住まいの両隣の方へは工事前・工事中・工事後3回ご挨拶にお伺いさせていただきます。

今後末永く暮らしていくお客様が近隣の方とのお付き合いに工事後も影響が無いようにしっかりと対応させていただきます。
※状況に応じて非対面での挨拶(手紙のお渡し)も行っております。

FLOW 09 工事スタート

  • 着工時の工程確認

    着工時は、代表菊井・プランナー・大工・職人、関係者が現場に集まり、工事の重要な点や細かい納まりまで打ち合わせを行います。

  • 下地工事

    工事に必要なさまざまな基準を表す墨出し作業を行い、水道配管・電気配線や大工による木下地・造作下地などの下地工事に入ります。

FLOW 10 中間検査・お打ち合わせ

工事の中間で、職人による自主検査と、代表菊井・大工・職長による中間検査を行い、図面通りに仕上がっているかを確認します。
工事の中間はリフォームにおいてプランの変更が起こりやすいタイミングのため、しっかりと確認することが大切です。また、お客様には代表菊井より検査の結果を報告させていただきます。

FLOW 11 仕上げ工事

  • 大工・造作工事

    正確な強度を持った下地に対して、大工による、壁・床・建具枠の取付や、棚板を取り付ける造作工事が行われます。

  • 仕上げ工事

    仕上げ工事では、各分野の専門職人による設備機器取り付け、クロス職人や左官職人による床・壁・天井の仕上げを行います。

FLOW 12 自社完了検査・内覧

完了検査

プロによる洗い工事(美装)が行われ、美装後には、代表菊井・大工・職長によって最終完了検査を行います。

お客様内覧

ご契約内容に基づく工事の内容、仕上がりの確認など、お引き渡し前にしっかりチェックしていただきます。
各種取り扱いの説明もさせていただきます。

FLOW 13 お引き渡し

お客様内覧後に工事完了の承認をいただき、いよいよお引き渡しです。
お客様と一緒に創り上げてきたリフォーム・リノベーションの完成です。

FLOW 14 アフターフォロー

お引渡しをしてからが本当のお客様とのお付き合いのスタートです。
工事後、気になるところがあればいつでも対応させていただきます。

お問い合わせ

まずはお話を聞かせてください。
私たちはお客様とお話しする工程を
一番大切にしております。