ブログ

フルリフォームで税金はかかる?わかりやすく解説いたします!

「フルリフォームの税金について詳しく知りたい。」


今回は、このようなお悩みを解決いたします。


□リフォームで固定資産税が変わるのか


基本的にリフォームで固定資産税が変わることはありません。


その理由は、住宅は経年劣化するものであり、劣化部分をリフォームで問題ない状態まで戻すことは、当然のことだと判断されるからです。


例えば、住宅のリフォームで水回りや外壁の状態がひどい場合などが挙げられます。


しかし、リフォームの時期や種類によっては、固定資産税が増加するかもしれません。


ここでは、そのような例外をいくつかご紹介します。


まず、リフォームがいつ行われたかによって固定資産税に影響があるでしょう。


例えば、物件購入前にリフォームが行われていた場合です。


リフォーム済み物件を購入した場合は、固定資産税が高くなることがあるため、注意しましょう。


また、住宅の主要構造部までリフォームする場合は、不動産価値の上昇に伴い、固定資産税が上がるかもしれません。


主要構造部をリフォームするには、住宅を骨組みだけにしてから全体的に改修を行います。


そのため、フルリフォームでは住宅の主要構造部をリフォームするかが固定資産税の増加を左右するポイントになるでしょう。


その他にも、床面積が増えるリフォームも要注意です。


例えば、新しい部屋や階数の増築などがあります。


このような床面積の増加に伴って、建築確認申請が必要になるケースがあります。


特にそのような場合は、固定資産税が上がるかもしれません。


□リフォームでは確定申告の控除が適用されるのか


リフォームでは一定の条件を満たすことで、控除が適用できるケースもあります。


所得税の控除にはさまざまな種類があります。


例えば、住宅ローン減税や投資型減税などが挙げられるでしょう。


しかし、リフォームの種類や特徴によって、利用できる制度が異なります。


スムーズに確定申告をするために、直前に準備するのではなく、どのような書類が必要かを確認しておきましょう。


また、リフォームの減税制度には併用できないものがあります。


具体的な要件を確認して、どの減税制度が最もお得になるのかを確認することが大事です。


減税制度には、期限が決められているため、利用前にホームページを確認して情報を逃さないようにしましょう。


控除を受けることで、フルリフォームの費用を節約できるかもしれません。


積極的に活用することで、予算の負担が大きく軽減されます。


疑問点やお悩みの方は、インターネットで確認することやリフォームパークスまでご相談いただくことをおすすめします。



□まとめ


今回は、フルリフォームの税金についてご紹介しました。


お困りの方は、お気軽にリフォームパークスまでご相談ください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

マンションリフォームで水回りの位置変更は可能?大阪市の業者が解説します

マンションにお住まいの方で、水回りの位置変更がしたい方はいらっしゃいますか。


「マンションで水回りの位置を変えるのは大変なんじゃないか」と不安に思っているかもしれませんね。


そこで今回は、そのような方に向けて大阪市のリフォーム業者が、マンションでの水回りの位置変更について解説していきます。



□水回りの位置を移動できる?


マンションで水回りの位置を変更できるのでしょうか。


実際は、変更できる場合とできない場合があります。


位置を変更できるかできないかは、床下にある配管によって決まります。


水回りの移動を行うということは、それに付随する配管についても変更が必要となるケースがほとんどです。


例えば、位置を変更したい設備の下を通っている配管が、下の階の天井裏に整備されている場合は、簡単に配管を変更できませんので、水回りの設備を移動することも難しいでしょう。


もし、床下のスペースで配管が完結している場合は、下の階の天井裏には配管が整備されておらず、配管に変更を加えることが比較的容易となりますので、水回りの位置も変えられる場合が多いです。


また、位置変更を伴うリフォームの場合は、その分かかる費用も比較的高くなるのが普通であることを覚えておきましょう。


設備の取り替えの費用に加えて、配管の整備費用、キッチンであると排気ダクトの整備も必要になるからです。


位置変更のリフォームを行う際は、管理会社に確認することをおすすめします。

 


□場所ごとに位置変更リフォームのコツをご紹介


お風呂の移動について、同じ浴槽を使用する場合は注意が必要です。


一度解体した後に、再度設置して利用する場合は、防水性の確認をしましょう。


防水性が損なわれている場合は、その分の処理に費用が必要となることがあります。


トイレの位置変更についてです。


新しいトイレをタンクレストイレにする際は、手洗い場を設ける必要があります。


その際は設置する位置に注目してください。


利用しやすい位置を決めましょう。


洗面台の位置変更についてです。


位置変更する先のスペースに、既存の洗面台が入らない場合は、新しい洗面台を購入する必要があるでしょう。


キッチンについてです。


キッチンは種類によって費用が様々なことが多いです。


特に対面型のキッチンは、背面処理が必要となるので、内装工事を行う分の費用を考えておきましょう。


□まとめ


今回は、大阪市のマンションにお住まいの方に向けて、水回りの位置変更のリフォームについて紹介しました。


位置変更ができるかできないかについては、床下にある配管によって決まることが分かりましたね。


このようなリフォームを行いたい方は、ぜひリフォームパークスにご相談ください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

 

大阪市在住の方へ!マンションで風呂と洗面所を同時にリフォームできる?

大阪市のマンションにお住まいで水回りのリフォームをお考えの方はいますか。


例えば、お風呂と洗面所は近くにあることが多いですが、それらを別の日に分けてリフォームしてもらうのは面倒ですよね。


それらは一緒にリフォームできるのでしょうか。


今回は、お風呂と洗面所を同時にリフォームすることについて説明します。




□お風呂と洗面所を同時にリフォームする際に必要な期間は?


水回りのリフォームはまとめて依頼したいと考える方も多くいらっしゃると思います。


例えば、お風呂と洗面所は近くに位置していることが多く、それらのリフォームも同時期に依頼できます。


それでは、それらのリフォームを依頼したとして、どのくらいの期間を要するのでしょうか。


必要な期間が分かっていれば、リフォーム期間中の計画も立てやすいですよね。


必要な期間について説明するために、リフォームの工程の例をあげて紹介します。


まずは、お風呂の解体作業からです。


浴槽を解体して、まっさらな状態にします。


この工程で約1日かかると考えておきましょう。


次に、給排水設備を整えていきます。


取り換えるユニットバスに備えて、給排水機能を整備します。


給排水の仕込みにも約1日がかかるでしょう。

解体が完了しました。

給排水を仕込み終わると、ユニットバスを設置していきます。


この工程にも約1日がかかることを覚えておいてください。


次に、組み立てたユニットバスに給排水管を接続していきます。


ここまで終わると、後は換気扇や照明の工事、間仕切りの工事を経て、浴室のリフォームは終了します。


浴槽の組み立てから、間仕切りの工事まで合わせて約1日がかかるでしょう。

 


この工程が終われば浴室は利用できるようになりますので、リフォームを始めてから約4日目で入浴が可能になるということです。



次に洗面所の壁紙と床をリフォームしていきます。


壁紙や床材を剥がして、新しいものに張り替えます。


ここで約1日を要するでしょう。


最後に洗面台を設置します。


ここでも1日が必要となることがあります。


つまり、前工程で合わせて6日がかかることになりますね。


もちろん、リフォームの規模や内容によって期間を短縮できます。


また、1日のうちにリフォームに費やす時間を長く取れるのであれば、複数の工程を1日に詰め込めます。


紹介した例では6日間かかりましたが、1日にできることを詰め込むことで、4日間ほどに短縮できるでしょう。


□お風呂・洗面所のリフォームの実例をご紹介


中古のマンションを購入した方から、浴室と洗面所のリフォームを同時に依頼しました。


浴室では新築用のユニットバスを採用してコストを抑えています。


洗面台は一面鏡であったものを三面鏡にしたことで、お客様にも大変満足いただいております。


□まとめ


今回は、大阪市のマンションにお住まいの方に向けて、お風呂と洗面所を同時にリフォームすることについて説明しました。


気になる水回りのリフォームは、まとめて依頼しても良いということが分かりましたよね。


マンションリフォームをお考えの方は、ぜひリフォームパークスにご相談ください。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

フルリフォームの特徴を紹介します!リフォームで生活を豊かにしよう!

「フルリフォームの特徴について詳しく知りたい。」


今回は、このようなお悩みについて解説しましょう。


フルリフォームで、お気に入りの住宅ができます。


□リフォームの特徴とは


リフォームは、「改善」や「改良」などの悪い状態から良い状態になることを意味しています。


また、リフォームの単語は皆さんもよく耳にするのではないでしょうか。


洋服の仕立てや住宅の改装の意味合いで使われることも多いです。


リフォームを住宅関連で使うときは、古い住宅を新築に近い状態に戻す意味で使われます。


老朽化した範囲を補修することで、より長く住宅に住めるわけですね。


また、リフォームは部分的に補修することも、フルリフォームで大規模に補修することも可能です。


部分的な補修の例には、キッチン設備の交換や外壁補修が挙げられるでしょう。


規模は大小さまざまですが、リフォームの大きなメリットは、物件の選択肢が増えることです。


中古物件を新たにリフォームすることで、新築より費用が抑えられるかもしれません。


また、ご自身の好みに合わせたカスタマイズができるため、多くの方がリフォームを行っています。


理想の物件を予算の都合で諦めたくありませんよね。


□フルリフォームとリノベーションの違いとは


結論から言うと、明確な違いはありません。


しかし、多くのリフォーム関連資料によると、リフォームは修繕でリノベーションは改善の意味合いが強いと言われています。


リフォームは、ガスコンロの交換や壁紙や外装の張り替えなどが該当します。


また、建て替えと異なって高額な費用がかからないことが多いでしょう。


リノベーションは、新築以上の性能上昇を目指して、住宅の利便性を大きく上げる目的で行われることが多いです。


ご自身の生活スタイルをより良くするために、耐震性や耐久性を向上させるような工夫が挙げられるでしょう。


住宅の大掛かりな工事になる場合では、スケジュールが長期になりがちです。


そのため、業者との綿密な計画が必要不可欠です。


また、スケルトンリフォームはフルリフォームとほとんど同じ意味で使われます。


住宅全体をリフォームすることで、住宅の雰囲気が大きく変わるでしょう。


業者によってそれぞれの定義が異なる可能性があるため、業者との相談で定義をはっきりさせることが重要です。


また、双方の定義が異なることはトラブルにつながるかもしれません。


このように、それぞれの定義の違いを把握しておきましょう。


□まとめ


今回は、フルリフォームの特徴についてご紹介しました。


お困りの方は、お気軽にリフォームパークスまでご相談ください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

マンションリフォームの順番をご紹介!大阪市の方注目

大阪市のマンションにお住まいで、リフォームを行おうと考えている方はいらっしゃいませんか。


しかし、進める際の順番が分からなかったら、スムーズにリフォームできませんよね。


リフォームを依頼する前に知っておきたいところです。


今回は、マンションリフォームの順番を解説します。


□マンションリフォームの順番とは


まずは、リフォームする規模や内容を把握して、時期を考えましょう。


多くの場合で住居者がリフォームを自由に行うことが許されている専有部分の確認もする必要があります。


網戸の張り替えや水栓の金具の交換など、細かいものは5年ほどを目処にリフォームすると良いですが、コンロの交換や給湯器の交換などは10年ほどを見ておくと良いでしょう。


さらにユニットバスの交換や便器の交換など大規模なものは20年ほどを見ておくと良いです。



マンションリフォームでできることとできないことを把握することも大切です。


そのためには、管理規約を確認することが必要です。


また、間取りのリフォームを行いたい際は、動かせる壁と動かせない壁がありますので注意してください。


構造的に柱のような役割を担っている壁は基本的に動かせないでしょう。


次に、業者に現場を見てもらって、見積もりを取ってください。

 


業者に要望を漏れなく伝えること、業者からの提案を聞き参考にすることを心がけるとより良いリフォームになるでしょう。


その際はマンションリフォームを得意とする業者を選んでください。


リフォームパークスはマンションリフォームに特化したサービスを行っています。


プランが決まれば、準備に取りかかります。


管理組合に届出を提出します。


また事前に近隣の皆様へ、挨拶とともに日程や内容などの情報を提供しておきましょう。


必要であれば仮住まいを押さえます。


リフォームが終了したら、該当箇所を確認してください。


内容がよろしければ引き渡しを行い完了です。



□リフォームの優先順位を決めましょう!


細かいものを含めて、考えている全ての箇所をリフォームすると予算を超えてしまう事例は多くあります。


まずは、リフォームしたい箇所をリストアップしてください。


その中で家族の意見を汲みながら優先順位をつけ、高いものから検討すると良いです。


満足のいくリフォームを実現して、快適に過ごせる住まいを作りましょう。


□まとめ


今回は、大阪市にお住まいの方に向けて、マンションリフォームの順番について解説しました。


全体像が掴めずリフォームすることを踏みとどまっていた方も、本記事を読んで理解が深まっていれば幸いです。


リフォームパークスではその他マンションリフォームに関するご相談を承りますのでご連絡ください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

マンションでの水漏れについて大阪市のリフォーム業者がご説明!

劣化が進んだマンションでは水漏れが起きることがあります。


水漏れが発生すると、快適な生活が脅かされる可能性が高いので心配になりますよね。


水漏れが起こるには、どのような原因が挙げられるのでしょうか。


そこで今回は、大阪市のリフォーム業者がマンションでの水漏れの原因と対策について解説します。



□マンションで水漏れが起こる原因とは?


マンションで水漏れが起こることを心配している方もいらっしゃると思います。


原因としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。


大別すると、人が原因のものと建物が原因のものの2種類に分けられます。


*人が原因の水漏れ


住んでいる方の不注意などで水漏れが起こるケースです。


例えば、ベランダでホースを使ってバケツに水を溜めている際には、溜めている間に別の家事をしていると、水を出していることを忘れてしまい、大量に溢れ、水漏れが起こる可能性があります。



また、排水管に料理で使用した大量の油を捨てると、油が固まって排水管がつまり水漏れが起こることもあるでしょう。


これらのケースは、人の不注意で起こるものなので、あらかじめ気をつけておくことで未然に水漏れを防げます。


*建物が原因の水漏れ


マンションの経年劣化が原因となって水漏れが起こるケースです。


例えば、外壁塗装の剥がれや外壁にできる小さなヒビを放置していると、時間の経過とともにより大きな劣化へと変化します。


大きなヒビが外壁にできることで、雨が降ると水漏れが起こるようになるでしょう。


建物が原因で起こる水漏れは、どこから水が屋内に入ってきているのかが特定しづらいため、補修にも時間がかかることがあります。


□マンションでの水漏れの対策をご紹介


窓からの水漏れには、閉め忘れには気をつけましょう。


窓の開閉が固い時は、無理に動かすと劣化に繋がることもあります。


ベランダでの水漏れに対して、経年劣化はチェックしておきましょう。


またベランダで水を使う際は、溢れないように注意してください。


配管については経年劣化が原因となるケースが多いので、できるだけ長く使用できるような使い方を心がける必要があります。


例えば、トイレにティッシュペーパー以外の固形物、キッチンでは調理用の油を流すと詰まりの原因になりますし、酸またはアルカリに寄った水を流すと配管に穴を開けてしまう恐れがありますので気をつけてください。

 


□まとめ


今回は、マンションでの水漏れの原因と対策についてを、大阪市のリフォーム業者が解説しました。


いざ水漏れが発覚した場合は修繕の費用がかかりますので、日々の生活で対策できることはやっておきたいですよね。


リフォームパークスではマンションのリフォームについてのご相談を承っております。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

フルリフォームで節約する方法とは?わかりやすく紹介します!

「フルリフォームの節約について詳しく知りたい。」


このようなお悩みをお持ちではありませんか。


今回は、フルリフォームの節約についてご紹介しましょう。

家




□フルリフォームの工事以外の費用とは


一点目は、仮住まい費です。


フルリフォーム完了までは、仮住まいの家賃や敷金、礼金がかかることがあります。


なぜなら、フルリフォームは長期間かかる上に、住宅の基礎部分から変更する大規模な工事であるためです。


そのため、仮住まい費を節約したい方はマンスリーマンションや短期賃貸を活用すると良いでしょう。



二点目は、引越し費用です。


重要な点は、仮住まいでの引越し費用と合わせて二回分かかることです。


そのため、引越し費用の節約はとても重要でしょう。


引越しシミュレーションを活用するなど、事前に金額を算定して把握することが求められます。


三点目は、トランクルーム費です。


仮住まいの限られたスペースに全ての荷物を保管できない場合は、トランクルームを利用することが多いでしょう。


屋外や屋内、地域で値段は大きく変わります。


二千円から二万円程度と幅広く、このような初期費用もリフォーム予算に含めることが重要です。


四点目は、事務手続き費用です。


印紙税や登記手続きの手数料などが挙げられるでしょう。


五点目は、駐車場代です。


リフォーム中に車を置いておくスペースとして、費用がかかります。


六点目は、設計費や建築確認の手数料です。


大規模リフォームは、このような手数料が発生することが多いでしょう。


□費用を節約する五つのコツとは


一点目は、計画の優先順位や予算を視覚化することです。


確認がスムーズに行えるため、計画に戸惑うことがありません。


例えば、家族とリフォーム内容を相談して紙に書き出すことがおすすめです。


予算の節約に直結するとは限りませんが、予算を削減できるポイントが見つかるかもしれません。


二点目は、ローンの活用です。


無理のない範囲でローンを活用することで、予算計画を立てやすくなり、長期的に見て節約につながるかもしれません。


三点目は、制度の活用です。


補助金や減税などのリフォームに関わる制度を積極的に活用しましょう。


四点目は、追加工事費用を考慮することです。


無駄なオプションや設備を付けていませんか。


使わない設備は、費用の無駄になるケースがほとんどであるため、再検討することをおすすめします。


五点目は、業者選びです。


親切な対応やお客様への希望を汲み取る力を見極めることで、予算面でも技術面でも安心して工事を依頼できるでしょう。


□まとめ


今回は、フルリフォームの節約についてご紹介しました。


お困りの方は、当社までお気軽にリフォームパークスまでご相談ください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

フルリフォームのデメリットとは?わかりやすく紹介します!

「フルリフォームのデメリットについて詳しく知りたい。」


今回は、このようなお悩みを解決いたします。


フルリフォームのデメリットとメリットをご紹介しましょう。



フルリフォームのデメリットとは


一点目は、間取りの制限がかかることです。


建物によっては、自由に間取りを決められないことがあるため、住宅の構造を全体的に考慮する必要があります。


例えば、壁や柱を撤去した場合は新しい補強を行い、水回りや配管を移動させます。



しかし、リフォームの自由度は一概には言えません。


なぜなら、リフォームの費用や技術によって変化するからです。


二点目は、リフォームでは構造補強が求められることです。


例えば、柱の基礎部分を補強しなければ、住宅の耐久性が著しく下がってしまいます。


このように、リフォームでは住宅の基礎部分に悪影響を与えない施工が良いでしょう。


しかし、基礎部分を含めたフルリフォームでは費用がかさむことが多いです。


そのため、費用と住宅の基礎部分を勘案して計画を立てるようにしましょう。


三点目は、シロアリ被害が見られた場合は追加費用がかかることです。


住宅のリフォームでは、後に住宅問題が判明することがあります。


リフォーム中に、シロアリや害虫を駆除する必要がでた場合は計画を変更します。


その際には、追加費用がかかることを覚えておきましょう。


フルリフォームのメリットとは


一点目は、新築住宅の購入より費用が安いことが挙げられます。


新築住宅の物件購入費用は、リフォームより高いため、多くの方が購入を悩まれるかもしれません。


多くのケースでは、フルリフォームの相場は五百万円以上一千万円未満です。


しかし、新築住宅の購入では一千万円以上かかることが多いでしょう。


そのため、ご自身の中古住宅にお好みのリフォームを施すことは、費用の面で大変おすすめです。


二点目は、お好みのリフォームができる点です。


多少制限はあるものの、リフォームでお好みの住宅にする場合や、設備を変更する場合の自由度はとても高いです。


引越しする必要もないため、解体費用がかからないことも多いでしょう。


フルリフォームでは、完成後のシミュレーションや計画を行ってから、作業に取り掛かります。


そのため、お客様のお好みの住宅が実現しやすいと言われています。


このように、フルリフォームにはメリットとデメリットがあることがわかりました。


リフォームによって、住宅の雰囲気や快適さ、住み心地が上がることで生活の質も大きく向上します。


何事にも多くのメリットがある反面、デメリットはつきものです。


フルリフォームを検討中の方は、あなたにとってのデメリットとメリットを比較してみてはいかがでしょうか?


まとめ


今回は、フルリフォームのデメリットとメリットについてご紹介しました。


お困りの方は、お気軽にリフォームパークスまでご相談ください。


リビングの間仕切りについてご紹介!大阪市でマンションリフォームを検討中の方へ

大阪市にお住まいで、リビングの間仕切りに関するリフォームをお考えの方はいませんか。


間仕切りと一言で言っても様々な種類があり、ライフスタイルや好みに合わせたものを選択できます。


今回の記事では、間仕切りのメリットとデメリット、間仕切りの方法をご紹介します。




間仕切りのメリットとデメリットをご紹介!


ここでは、間仕切りのメリットとデメリットを2つずつご紹介します。


メリットの1つ目は、目的に応じてレイアウトできる点です。


例えば、リビングの一部を家事や仕事をする空間として区切れます。


また、家族構成の変化に応じて部屋を分けることもできるため、生活しやすい環境を簡単に作れるでしょう。

 


2つ目は、プライバシーの確保ができる点です。


間仕切りを利用することで個人の空間を作れるため、快適に過ごせるでしょう。


デメリットの1つ目は、部屋に圧迫感が生まれる点です。


広い空間を仕切ると開放感が失われやすくなるでしょう。


しかし、光を通す間仕切りを利用することで圧迫感を抑えられるため、素材を選ぶ際にしっかり比較し検討してみてください。


2つ目は、追加の工事が必要になる場合がある点です。


1つの部屋を分ける場合、照明やコンセントが足りない状況に陥る可能性があるため注意しましょう。



間仕切りの方法をご紹介!


ここからは、間仕切りの方法を5つご紹介します。


1つ目は、壁を新設する方法です。


子供が成長してプライベートな時間を大切にする年齢になった場合に、この方法を選ぶ方が多いです。


しかし、一度壁を新設すると簡単には動かせないため注意しましょう。



2つ目は、アコーディオンカーテンによる間仕切りです。


この方法は自分で取り付けられるため、手軽に間仕切りできます。


しかし、天井にレールを取り付け場合、開放感が損なわれることもあるため注意しましょう。


3つ目は、パネルドアによる間仕切りです。


デザインが豊富であるため、人気のある方法です。


また、既存のドアのように馴染み、隙間ができにくいのも特徴です。


4つ目は、突っ張りカーテンによる間仕切りです。


壁に穴をあける必要がないため気軽に間仕切りできる方法でしょう。


5つ目は、キャスター式スクリーンによる間仕切りです。


この方法は置くだけで簡単に間仕切りできます。


しかし、しっかりと仕切りを作りたい場合はあまり向いておらず、目隠し程度の仕切りと考えておいた方がいいでしょう。


まとめ


今回の記事では、間仕切りのメリットとデメリット、間仕切りの方法をご紹介しました。


間仕切りをしたいとお考えの方は、まずは手軽にできる方法で試してみるのがおすすめです。


失敗のない快適な環境を手に入れるリフォームにするために、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

 

フルリフォームでよくある後悔とは?対策方法を知ってスムーズに計画を立てましょう!

今の住宅に対して、なにか不満はありませんか。


何十年も住んでいると、住宅のフルリフォームを検討される方は多いと思います。


そこで今回は、フルリフォームで後悔をしないために押さえておくべきポイントをまとめました。


□後悔しないために知っておくべきポイントとは


*現状を知り理想を考える


まず初めに、フルリフォームを行うにあたり知っておくべきことは、現状を把握することです。


住宅の現状を把握することで、どの部分を改修する必要があるかを明確にできます。


特に、耐震補強において築35年以上の住宅であれば、以前の耐震基準で設計されていることがほとんどのため、相応の耐震補強を行う必要があります。


一度、住宅会社やリフォーム会社に住宅診断を行ってもらうと良いでしょう。


そして現状を把握できた方は、理想の暮らしを意識して計画を立ててください。


実際に、将来お子さんが独立することや自分たちの老後の生活を考え、バリアフリーな住宅を設計する方は多いです。


残りの人生において、どのようなライフスタイルを求めているのかを具体的に考えてみると、理想のリフォームは上手くいきます。


*費用対効果を高める


次にチェックすべきポイントは、費用対効果、すなわち費用に対するポジティブな効果を高めることです。


住宅をフルリフォームすると、もちろん費用は高くなります。


そのため、あらかじめ予算を設定しておく必要があり、費用対効果を高めるために、新生活において自分たちが求めていることをきちんと把握してください。



特に、長期間住んでいた住宅での暮らしに慣れている方は、新生活に馴染めないという問題を抱える可能性があります。


気持ちよく新生活をスタートするために、費用対効果を高めることを意識しましょう。


□リフォーム業者に関する後悔とは


フルリフォームにおいてよくある後悔として、リフォーム業者とのトラブルが挙げられます。


その中でも特に多いのはリフォーム内容に対する不満です。


実際に起こり得る問題を、以下に紹介していきましょう。


まずリフォーム業者の技術力が低いと、外装が理想のものと違っていたり、内装の仕上がりが不十分だったりという問題があります。


また、依頼していたことをほとんど「できない」と言われてしまったという問題も起こる可能性があります。


そのようなトラブルを避けるために、リフォーム業者を選ぶ際にはあらかじめきちんと話し合うことを押さえておきましょう。


住宅のリフォームでは、計画を立てる際にできないことを把握しておくことが重要です。


「何でもできる」と言う業者には注意しましょう。


□まとめ


今回は、フルリフォームで後悔をなくすために、注意しておくべきポイントをご紹介しました。


住宅のリノベーションは人生で一度か二度しかありません。


これらの内容を踏まえて、ぜひ住宅のフルリノベーションを始めてみてください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

初めての方はこちら

お客様の声

リフォームパークスについて

施工事例

会社案内

お役立ち情報

お問い合わせ

    • フルリフォームで税金はかかる?わかりやすく解説いたします!

    • 「フルリフォームの税金について詳しく知りたい。」 今回は、このようなお悩みを解決いたします。 □リフォームで固定資産税が変わるのか
      >>詳しく見る
    • マンションリフォームで水回りの位置変更は可能?大阪市の業者が解説します

    • マンションにお住まいの方で、水回りの位置変更がしたい方はいらっしゃいますか。 「マンションで水回りの位置を変えるのは大変なんじゃないか」と不安
      >>詳しく見る
    • 大阪市在住の方へ!マンションで風呂と洗面所を同時にリフォームできる?

    • 大阪市のマンションにお住まいで水回りのリフォームをお考えの方はいますか。 例えば、お風呂と洗面所は近くにあることが多いですが、それらを別の日に
      >>詳しく見る
    • フルリフォームの特徴を紹介します!リフォームで生活を豊かにしよう!

    • 「フルリフォームの特徴について詳しく知りたい。」 今回は、このようなお悩みについて解説しましょう。 フルリフォームで、お気に入りの住宅が
      >>詳しく見る
    • マンションリフォームの順番をご紹介!大阪市の方注目

    • 大阪市のマンションにお住まいで、リフォームを行おうと考えている方はいらっしゃいませんか。 しかし、進める際の順番が分からなかったら、スムーズに
      >>詳しく見る
選ばれる理由
LINEで見積り

私たちがお悩みを解決し、わくわくできる住まいにします!

リフォームパークス大工紹介

プロと一緒に、とことん相談しながら体験見学できる!

オーダーメイドショールームツアー