ブログ

台風でベランダに被害を受けた堺市の方必見|リフォームに火災保険が適応できる?

「台風のせいでベランダが壊れてしまった。」


「火災保険を利用してベランダをリフォームできるって本当?」


日本は災害が多く、その被害でベランダが壊れてしまう事例は多くあります。


火災保険を利用してリフォームできるのはご存じでしたか。


本記事では火災保険を利用して、リフォームできることを知っていただけたらと思います。

 


 

 

□火災保険を利用できる場合


 

火災保険を利用してリフォームするためには、実際に損傷を受けた部分が自然災害によるものであると認められる必要があります。


また、工事にかかる費用が20万円以上である必要があります。


実際に火災保険を利用できる災害をいくつか解説します。




 

*風災


 

風災は台風や突風など、最大瞬間風速が秒速20メートル以上の強い風による災害です。


毎年夏頃にテレビで、強い台風の影響を受けて屋根が吹っ飛ばされている光景を見たこともあるのではないでしょうか。



 

*雪災


 

冬に雪がよく積もる地域でよく起こる災害です。


あまりにも多くの雪が屋根の上に積もると、重さに耐えきれず、屋根が壊れてしまったり支柱が曲がったりすることがあります。


 

*その他


 

あまり頻繁に起こる災害ではないですが、地震や雹(ひょう)などによる損傷に対しても、火災保険を適用できる場合があります。


 

 

□実際に災害による被害を受けた場合


 

台風をはじめとする災害によって、建物が被害を受けてしまった場合に火災保険を適用してリフォームするための手順を紹介します。


 

*業者に被害を見てもらう


 

被害が自然災害によるものであると認められた場合に、火災保険が適応できると解説しました。


そのため、被害状況の確認を業者に行ってもらう必要があります。


 

*工事にかかる費用の見積もりを行う


 

火災保険が適応できると確認できたら、次は工事にかかる費用を見積もってもらいます。


工事にかかる費用が20万円以上であると判断されたら、火災保険を適応するために必要な書類を保険会社に送付してもらいましょう。


 

 

□まとめ


 

今回は、火災保険を利用してリフォームができることを紹介しました。


火災と名のついた保険なので、自然災害による損傷を直すのに火災保険を利用できることを知らなかった方もいたのではないでしょうか。


もちろん災害が起こらないのが一番ですが、いざという時のために知っておくと安心できますよね。


また、当社は堺市を中心に建築事業に取り組んでいます。


お客様に納得して頂けるよう、丁寧な対応を心がけています。


何かわからないことがあれば、お気軽にご連絡ください。




QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

堺市で台風の被害を受けた方必見|火災保険の適応範囲について

「火災保険って、火災の時しか適応できないのでは?」


「火災以外でも適応できると聞いたけど、実際どのような被害に対応してくれるのかな。」


日本は災害が多い国であり、災害による被害も必然的に増えてしまいます。


火災保険は、火災以外にも適応できる場合があることをご存じでしたか。


今回は、台風の被害を受けた場合を例に火災保険を適応するための方法と、適応範囲について詳しく解説します。

 

 

□そもそも火災以外に火災保険を適応できる場はどんな時なのか


 

火災保険と名付けられているので、火災に対応してくれる保険であることは理解していると思います。


しかし、他のどのような場面で火災保険が適応できるのか、詳しく知っている方は少ないですよね。


火災以外で火災保険を適応できる場合は、自然災害によって被害を受けたと認められた場合で、その修理費用が20万円を超える時です。


自然災害の例として、台風や地震、積雪が挙げられます。


 

 

□台風による被害を受けた際に実際に火災保険を適応するための手順


 

*業者に被害を確認してもらう


 

被害が自然災害によるものであると判断された時が、火災保険を適応するための条件であるとお伝えしました。


これを判断してもらうために業者に確認してもらいます。


 

*工事にかかる費用を見積もってもらう


 

火災保険を適応するための条件として、工事にかかる費用が20万円を超えている必要があるので、費用の確認をするために見積もりを行ってもらう必要があります。


 

 

□台風の被害を受けた際の火災保険の適応範囲の例


 

台風による被害は大雨というより、強風による被害が非常に多いです。


 

・強風による被害を受けて、屋根や雨どいが損傷した


・物が強風によって飛ばされ、外壁に穴が空いた


・車庫がへこんでしまった


 

このような場合のほとんどで、火災保険が適応できます。


火災保険の適応範囲は予想以上に広いので、被害を受けてしまった場合は火災保険の適応をぜひ考えてみてください。


 

 

□まとめ

 

今回は、火災保険の適応範囲について台風を例に詳しく解説しました。


火災保険と名付けられているので、火災の被害しか適応できないと思っていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。


しかし、本記事では自然災害であれば、適応できる場合もあることが理解して頂けたと思います。


災害がないのが一番良いですが、火災保険がいろんな災害に適応できると知っておけばいざという時に役立つかもしれませんね。


また、当社は堺市を中心に建築事業に取り組んでいます。


お客様に納得して頂けるよう、丁寧な対応を心がけています。


何かわからないことがあれば、お気軽にご連絡ください。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

堺市で台風の被害を受けた方必読|リフォームに火災保険を適応する際の注意点は?

「火災保険の適応範囲でリフォームできるって本当?」


「火災保険を利用してリフォームする際に気をつけるべきことを知っておきたい。」


火災保険を利用してリフォームできることをご存じでしたか。


リフォームをする際に火災保険を利用するとメリットがある一方で、注意すべきポイントもいくつかあります。


そこで、今回は火災保険を利用して、リフォームする際の注意点について詳しく解説します。



 

 

□リフォームをする際に火災保険を適応できるのはどのような時か


 

リフォームをする際に、毎回火災保険を適応できるわけではないので注意が必要です。


それでは、火災保険を適応できる場合とはどんな時でしょうか。


基本的には、自然災害による被害を受けたと認められた場合かつ、修理や修繕などをしなければならない場合に適応されます。


修理や修繕と違い、より住みやすい家にするために行われるリフォームでは適応されないので注意しましょう。




 

 

□リフォームに火災保険を適応する際に注意すべきこと


 

*負担金ゼロの内容をしっかり確認する


 

リフォームを検討する際、負担金ゼロで修理すると言われて契約したところ、保険対象外が多くなり、自己負担が大きくなってしまったという実例があります。


しかしこれは、負担金ゼロというフレーズを掲げた契約をやめておくべきという意味ではないです。


見積書の内容をしっかりと確認し、曖昧な部分をはっきりさせた上で契約を考える必要があります。




 

*訪問販売に注意する


 

リフォームに火災保険を使用できるといって訪問してくる悪徳業者もいます。


業者が訪問してきた際に契約を結んでしまい、後になって契約を解除しようとしたところ、法外な違約金を請求されてしまったという事例があります。


訪問販売の際は、冷静に判断することが難しいです。


その場で決めず、一度冷静に考えることをおすすめします。




 

*老朽化など、自然災害に関係ない被害に火災保険を適応しようとする


 

自然災害による被害であると認められた際に、火災保険を適用できるとお伝えしました。


うその理由によって火災保険を適用しようとした場合、保険金詐欺に繋がる可能性があるのでやめましょう。


 

 

□まとめ


 

今回は火災保険を利用して、リフォームする際の注意点について詳しく解説しました。


火災保険を利用してリフォームできることを知らなかった方もいたのではないでしょうか。


リフォームをご検討の際は、本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。


また、当社は堺市を中心に建築事業に取り組んでいます。


お客様に納得して頂けるよう、丁寧な対応を心がけています。


何かわからないことがあれば、お気軽にご連絡ください。




LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

【堺市でリフォームをお考えの方へ】台風で床下浸水したときのリフォームはどうする?

「台風で床の上まで水に浸かってしまい、腐敗し始めていて焦っています。」


「床下浸水は火災保険に該当するのか心配で、今必死に調べているところです。」


上記のように、台風による大雨で床が濡れてしまったことにより、住宅の床部分のリフォームをお考えではありませんか?


台風のときの大雨は、時と場所によってはすさまじい状態になることも多々あります。


テレビでも台風の時期に1度は目にしたことがあると思いますが、床下浸水した家の家具や道具の状態はかなり悲惨なことが多く、とてもつらい表情をされた方が映っています。


彼らの多くは家具や家電製品、道具が使えなくなったことだけでなく、床下浸水の修復費を考えてさらにつらい思いをされていることでしょう。


確かに台風や大雨は自然災害なので未然には防ぎにくいですが、本当に事前に対処できないものでしょうか?


「もしものときのために火災保険に加入しておいたけど、床下浸水には補償が効かないのかな?」


と中にはこのように不安に感じている方もいらっしゃることでしょう。


そこで今回は、堺市で台風による床下浸水した家にお住まいの方へ、床下浸水によるリフォームは火災保険の補償の内容に該当するのかについて解説します。


 

 

□床下浸水は火災保険の対象になるのか?


 

毎年日本のどこかで水害が起こりますが、果たして水害による被害、とりわけ床下浸水は保険の対象になるのでしょうか?


結論ですが、火災保険に加入するときに保険の対象を以下の3通りの中から1つを選びます。


しかし、それぞれの場合によって結果が異なります。


・建物だけにした場合


・家財だけにした場合


・建物と家財のどちらも対象の場合

また前提条件として、以下の2つのうちのいずれかの場合でなければいけません。


・再調達価額の3割以上の損害を受けた場合


・床上浸水または地盤面から45cm以上の浸水があったとき


建物だけを補償の対象にした場合であれば建物は言うまでもなく、建物の敷地内にあり火災保険に加入している方が持っているものであれば、補償の対象になります。


具体的には床や庭木、窓や扉、建物自体や物置、車庫などが該当します。


一方で保険の対象を家財のみにした場合を選べば、火災保険の対象の敷地内にある家財のみが補償の対象です。


具体的には家具や家電製品、自転車や衣類などが該当します。


保険の対象を建物と家財のどちらも選んだ場合であれば、上記の2項目どちらも補償の内容に入ってきます。


 

 

□まとめ


 

今回は、堺市で台風による床下浸水した家にお住まいの方へ、床下浸水によるリフォームは火災保険の補償の内容に該当するのかについて解説しました。


火災保険に加入していても3つの場合がありますので、慎重に調べていく必要があります。


ぜひしっかり確認して、少しでも損害費用を少なくしましょう。


LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

【堺市で台風によって雨漏りした家にお住まいの方へ】火災保険でリフォームできるの?

「この前すごい台風があって、それ以降に雨漏りが止まらなくなったのですが、何をすべきかわかりません。」


「家を建てるときに火災保険に加入したのですが、雨漏りは火災保険の対象になりますか?」


突然の雨漏りという事態に、驚きつつ困惑していらっしゃらないでしょうか。


雨漏りしている箇所にバケツを置けば問題ないと考える方もいらっしゃると思いますが、雨が降るたびに毎回対処しなければならないということを考慮すると、すぐにでも修復したくなるかと思います。


しかし、雨漏りの修復費は高そうですし、すぐに用意できる金額ではないとお困りの方も多いと思います。


そこで火災保険に注目するかと思いますが、はたして火災保険は雨漏りの修復費まで補償内容に含まれているのでしょうか。


そこで今回は、堺市で台風による雨漏りがきっかけでリフォームを検討中の方へ、火災保険を適用できるのかについてご紹介します。


 

 

□雨漏りの修復は火災保険の補償内容なのか?


 

火災保険には、実は全部で3種類あります。


住宅火災保険は一般的な火災保険にあたるもので、火災だけでなく落雷や風雨などのような、主に自然災害に対する被害を補償してくれます。


住宅火災保険の内容に、さらに水に関するトラブルや破損、盗難や物理的な被害だけでなく持ち出した家財に対しても補償してくれるのが住宅総合保険です。


そして新しくできた火災保険は、さらに敷地内にある設備も補償内容に含まれるだけでなく、補償金額の負担してくれる額が増え、より安心できる内容になっています。


ここで雨漏りは自然災害に該当することが多く、正式に認められれば住宅火災保険の補償の対象になり、雨漏りの修復費を軽減してもらえます。


また、場合によっては無料で修復できることもあります。


 

 

□風災について知っておこう


 

火災保険について学習する上で欠かせない重要な言葉は、「風災」です。


火災保険での自然災害をとくに「風災」と呼び、台風や強風、雪や雹(ひょう)、大雨や洪水などが当てはまります。


火災保険会社に、雨漏りが風災として認定されるかどうかがポイントです。


 

 

□まとめ


 

今回は堺市で台風による雨漏りがきっかけでリフォームを検討中の方へ、火災保険を適用できるのかについてご紹介しました。


雨漏りは家の被害をさらに大きくするため、すぐに対処すべき問題です。


ぜひ加入されている火災保険について調べ、火災保険会社に直接問い合わせるなどして、少しでも安く雨漏りの修復をしましょう。




LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

【堺市で台風により屋根が剥がれてしまったら?】リフォームで火災保険を使おう

「先日うちの家の周辺にものすごい風速の台風が通った関係で、うちの家も含めて屋根をはじめ、甚大な被害を受けたけどどうしよう。」


「屋根が台風によって剥がれてしまったけど、火災保険で対処できないのだろうか?」


上記のような災害に遭われて、修復費に対して頭を抱えていらっしゃいませんか?

 


屋根は家を守る重要な部分であり、屋根がなければ雨をはじめ、雪や日差しなどの影響を直に受けることになります。


このような状態になれば、家の家電製品が使えなくなるのはもちろんのこと、家具や道具全般が使えなくなるのは時間の問題です。


こういった最悪の事態を避けるために、早く屋根の修復をしたいものの、金銭面で不安が伴って行動に移せない方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。


そこで今回は、堺市で台風により屋根が剥がれてしまった方へ、リフォームするときに火災保険は適用できるのか解説します。

 


 

 

□屋根の修復リフォームに火災保険は適用できるのか


 

まずは結論からですが、経年劣化であるかどうかを鑑定してもらわないと火災保険が適用できるのかはわかりません。


そしてその鑑定が行うのは、公平な判断をするためにも、家の持ち主や保険会社ではなく第三者が行います。




もし火災保険会社が鑑定する場合、特に家の持ち主が火災保険に詳しくなかった場合であればですが、不正な判断によって補償されない可能性が出てくるためです。


一般に屋根といっても、雨どいやしっくい、瓦やベランダ、テレビのアンテナなど補償の対象はさまざまです。


そしてよく陥りやすい失敗例としては、「あぁ、これは絶対経年劣化に該当するから火災保険は使えないだろう」と決めつけてしまうことです。


確かに実際に鑑定してみたところ、経年劣化で補償が使えない場合はあります。


しかし、鑑定なしに数十万〜数百万円も修復費用をかけるのは、鑑定してもらっていればかなりの費用を火災保険会社に負担してもらえていた場合を考えれば、もったいないです。


もし「絶対に経年劣化と言えるほどではないかも?」と少しでも迷っている状況ならば、ぜひ一度鑑定してもらうことを強くおすすめします。



 

 

□まとめ


 

今回は堺市で台風により屋根が剥がれてしまった方へ、リフォームするときに火災保険は適用できるのかについてご紹介しました。


住宅の修復であれば、かなりの高額な費用がかかることが想定されます。


ぜひ後悔のないように、一度鑑定してもらうことを検討してみてください。


そして、丈夫な屋根を取り戻しましょう。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

堺市で台風によって外壁に被害が生じたら?火災保険を使ってリフォームできるのか?

「外壁が台風のせいで大変なことになってしまったけど、どうしよう。」


「台風が来てから外壁にヒビが入ったり、塗膜が剥がれたりして困っています。」


上記のようなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?



外壁は屋根と同じくらい、家を守るために重要な部分です。


しかし、年数が経つにつれ、もろくなったり耐久性に問題が生じてきたりと、いつかは対処が必要です。


台風は外壁を劣化させる大きな要因の一つで、毎年多くの家の外壁にダメージを与え続けています。


この記事を読んでいらっしゃる方の多くは、外壁の修復が必要な状態でお困りの状況だと思います。


そこで火災保険を思いつく方もいらっしゃるのではないでしょうか。


しかし、外壁の修復に火災保険は適用できるのでしょうか?



そこで今回は、台風の影響により外壁に被害が生じて修復費に対して頭を抱えていらっしゃる方へ、火災保険でリフォームできるのかについてご紹介します。


 

 

□外壁の修復には火災保険を適用できるのか?


 

火災保険には3種類あるのはご存じでしょうか。


「住宅火災保険」、「住宅総合保険」、「新タイプの火災保険」がありますが、どの保険に加入しているのか、また保険にかけている負担額はいくらなのかによって異なります。


以下では、上記の3つの火災保険について、簡単に解説していきます。




 

*住宅火災保険


 

一般的な火災保険にあたるもので、火災だけでなく落雷や風雨などといった自然災害で効力を発揮します。


 

*住宅総合保険


 

住宅総合保険は住宅火災保険の内容に、水に関するトラブルや破損、盗難や物理的な被害だけでなく持ち出した家財も補償してくれるのが特徴です。


 

*新タイプの火災保険


 

住宅総合保険は住宅火災保険の内容をさらに拡大したものでしたが、新タイプの火災保険は例えば庭など、さらに敷地内にある設備も補償内容に含まれます。


また補償額にたいていは限度が設けられていますが、この新タイプの火災保険は補償金額の負担してくれる額が増え、より安心できる内容になっています。


また最大瞬間風速が秒速20m以上であり、リフォームにかかる費用が20万円以上であること、さらにその被害を受けてから3年以内に申請していることが、火災保険の前提の適用条件です。


場合によっては上記以外で条件が出てくることがありますので、不安な方は火災保険の会社にお問い合わせしてみましょう。



 

 

□まとめ


 

今回は台風の影響により外壁に被害が生じて修復費に対して頭を抱えていらっしゃる方へ、火災保険でリフォームできるのかについてご紹介しました。


外壁塗装をしようか迷っている方にとっては、修理費の負担額が少なくなることはとてもありがたいことだと思います。


よく確認した上で、ぜひ外壁の修復を検討してみてください。


LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

マンガでわかる!火災保険を利用して家を修理する方法とは!?




「火災保険ってどんなときに利用できるのだろう。」
「家の修理に火災保険を利用すると、自己負担はないの?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

火災保険を利用して、家を修理することは人生で何度も経験することではありません。
そのため、火災保険を利用できる条件やどの程度補償されるかは、わからない方も多いと思います。

せっかく火災保険に入っているのなら、それらを知らないことはもったいないです。
そこで今回は、火災保険を利用して、家を修理する方法について解説します。

□台風で家が被災した!?このようなときは火災保険を利用して修理しよう!


「台風の影響で屋根の瓦が剥がれてしまった。」
「台風の影響でカーポートが倒れてしまった。」
このように自然災害の被害を受けた方はいらっしゃいませんか。

台風で家が被災して、修理をするときに「台風保険なんかないから、自己負担かな」と考える方は多いと思います。
しかし、台風で被災した場合は、火災保険を利用して、家を修理できることが多いです。

その理由は、火災保険には、風災補償がセットになっている場合が多いからです。
その他にも、実は知られていない火災保険に関わることを紹介します。

*勘違いしている、損害額の20万円


「火災保険の風災補償を利用するには、損害額が20万円以上のあることが条件」と聞いたことがある方はいらっしゃいませんか。

修理費用が21万円の場合は、補償対象金額が1万円、残りの20万円は自己負担と勘違いしている方が多いです。
しかし実際は、修理費用が21万円の場合は、修理費用の全額が補償対象です。

一方で、修理費用が20万円未満の場合は、火災保険の補償対象にならず、補償金は0円です。

また、小さな破損などでも修理費用が20万円以上になる場合が多く、火災保険が適応される場合が多いです。
そのため、火災保険が適応されると、自己負担はありません。

*請求しても保険料は上がらない


「保険料が上がる」という認識は、車両保険から生まれている場合が多いです。
車両保険には、等級制度があり、保険を利用すると等級が下がり、保険料が上がります。

それでは、なぜ火災保険の保険料は上がらないのでしょうか。
その理由は、自然災害によって家が被災しても、家には何の責任もないからです。

そのため、家が被災したときは、遠慮せずに保険の申請をすることがおすすめです。

一方で、車両保険を利用する交通事故の場合は、過失割合が定められます。
そのときに、自分の割合が0にならない限り、被保険者にも非があるとみなされるため、保険料が上がります。

□早く修理しよう!二次災害の可能性があって危険!


二次災害とは、ある災害が起こった後に、それがもとになって起こる別の災害のことです。

台風の影響により、家に被害が出ている事が非常に多く、その被害を放置しておくと、さまざまな二次災害を引き起こす可能性があります。

以下に、二次災害の例を2つ紹介します。

*家の寿命を縮める


屋根の瓦が剥がれている状態で放置していると、雨漏りの原因になる可能性があります。

雨漏りは、放置していても、自然に治ることではないため、早急に修理が必要です。
雨漏りすると、家に使われている木材が腐ったり、金属がサビたりします。

また、家全体の湿度が高まり、カビやシロアリの発生にもつながるかもしれません。

もし、そのようなことになると、家の寿命を縮めます。

*他人に被害を与える


二次災害では、自分が被害を与える立場になる可能性もあります。

例えば、破損したテラス・カーポート・瓦などが落ちて、通行人に当たってしまうかもしれません。
実際に、そのようなことは起こらないだろうと考える方もいらっしゃると思います。

しかし、災害によってテラス・カーポート・瓦などを支える部分がダメージを受けている場合、いつ落ちてもおかしくないと言えます。

□知っておきたい!火災保険を利用できる場合とは!?


「火災のときにしか利用できない。」と考える方はいらっしゃいませんか。
しかし、上記の通り、火災以外の場合にも利用できます。
以下に、火災以外に利用できる場合を2つ紹介します。

①風災が原因となって、修理が必要になった場合
上記の通り、台風などの風災の場合も利用できます。
例えば、台風で瓦が剥がれたり、ベランダが破損したりした場合に利用できます。

②雪災が原因となって、修理が必要になった場合
雪災とは、あまり聞きなれない言葉かもしれません。
雪災とは、豪雪や雪崩による被害ことです。
例えば、雪の重みで家が歪んだり、雪崩で自宅が壊されたりした場合に利用できます。

③水災が原因となって、修理が必要になった場合
水災とは、洪水や高潮や土砂崩れなどによって発生した被害です。
2019年10月に関東に直撃した台風での被害も水災に含まれます。
この関東に直撃した台風では建物の浸水被害がひどかったそうで、火災保険が適用されたお家が多くありました。

*何らかの被害を受けているかもしれない!?


家は気づかないうちに何らかの被害を受けているかもしれません。

実は、火災保険を申請する理由の多くは、水・風・雷災害で、約6割を占めています。
この破損は自然に劣化したものではないと思う場合でも、火災保険が適応される可能性は高いです。

また、この程度の被害では適応されないとだろうと思っていても、100万円以上の補償金が支払われることが珍しくありません。

そのため、少しでも被害に気づけば、調査や申請をすることをおすすめします。

*保険の申請には、実質期限の制限がない


火災保険の保証対象となるには、自然災害によって家が被災した日から通常3年以内に申請依頼をする必要があります。


しかし、強風や突風と呼ばれる「強い風」でも、火災保険の対象となる場合があります。
「強い風」だったら、3年以内に数回は吹いている可能性があるため、保険の申請には、実質期限の制限がないと言えます。

また、保険に入っていることを知らなかったなどの理由で連絡が遅れた場合、3年を過ぎていても申請できるかもしれません。

*難波・堺市で、火災保険を利用してリフォームなら当社にお任せ!


火災保険を利用するには、被災した箇所の写真や見積書などの書類が必要です。
また、火災保険を利用して、リフォームする際は上記のものを準備して、リフォーム業者に依頼しなければいけません。

このように、申請の手続きが面倒なため、広く活用されていないことが現状です。

そこで、面倒だからと諦めてしまう前に、当社に依頼してみてはいかがですか。

以下に、当社に依頼するメリットを2つ紹介します。

・保険会社対応のスタッフが常駐している。
上記の通り、利用するには、写真や見積書などの書類の準備に加え、状況を説明する必要があります。
この面倒で難しい作業を、スタッフがお手伝いいたします。

保険会社対応のスタッフが常駐しているため、保険に関する専門知識やノウハウがあり、どんな疑問でも答えられます。

また、営業マンとは違い、当社のスタッフは保険を「使う」プロです。
そのため、営業マンは教えてくれないことを、当社のスタッフは教えられます。

保険を利用するには、最終的に専門家の確認が必要なため、保険会社のスタッフにサポートしてもらえると安心でしょう。

・専門的な知識を持った、技術力の高い大工が在籍している。
当社には、専門的な知識を持った大工が在籍しており、施工能力・技術力共に高い熟練した職人が工事にあたります。

そのため、LIXILにもプロフェッショナルなリフォーム会社として認定されており、本質的な修理ができます。

□まとめ


今回は、火災保険を利用して家を修理する方法について解説しました。
この記事を参考に、火災保険を利用して家を修理してみてはいかがですか。

当社は、難波・堺市を中心にリフォームを提供している、地域密着のリフォーム専門店です。

「火災保険についてアドバイスがほしい。」
「施工能力が高い業者に依頼したい。」
このようにお考えの方は当社にお問い合わせください。

当社には、上記の通り、火災保険に詳しいスタッフや施工能力が高い大工が在籍しているため、お客様に満足していただけるリフォームを提供できます。

堺市でリフォームを検討している方必見|火災保険を利用した詐欺に注意!

「火災保険を利用した詐欺があると知って怖い。」


「実際に、火災保険を利用した詐欺の手口について詳しく知りたい。」


火災保険は、普段我々の心強い味方ですが、これを利用した詐欺があるのはご存じでしょうか。


いざ、火災保険を適用してリフォームなどをするときに、詐欺の被害に遭わないためには、実際にあった詐欺の手口を知っておくことが重要です。


そこで今回は、火災保険を利用した詐欺とその対処法について詳しく解説します。




 

 

□負担金ゼロと謳った業者に注意


 

リフォームを検討する際に、負担金がかからないと言われたら少し注意が必要です。


負担金ゼロと言われて契約したところ、保証対象外が多くなり、自己負担が大きくなってしまったという事例があるからです。


このような状態を回避するためには、見積書にしっかりと目を通し、曖昧な点や不自然な点を明確にする必要があります。


単に業者が伝え忘れているだけの場合もありますが、意図的に手数料などの詳細な内容を隠している場合があるので注意しましょう。




 

 

□強引な契約に注意する


 

これは、唐突に訪問してくる業者に多い詐欺の手口です。


リフォームに火災保険が適応できると謳って、冷静な状態にない客の心理を煽って強引に契約を結んできます。


契約内容が明確になっていないのに工事を強行されたり、修理を断った場合には莫大(ばくだい)な違約金を要求してきたりします。


このような状態を回避するためには、その場で契約を結ばず、強気な姿勢をとることが重要です。


その場で決めようとする前に一度冷静な状態で考える必要があります。


また、強引な訪問販売員は、客の弱いところを狙って契約を結ぼうとしてくるので、強気な姿勢をとり続けることが重要なのです。



 

 

□無料で調査すると言ってくる業者に注意する


 

保険を適用して、無料で家の状態を調査できると言ってくる業者にも注意が必要です。


調査と言って家に侵入した際に、家を壊し、修理する必要があると伝えてきたという事例があるからです。


このような事例を回避するためには、信頼できる業者以外には依頼しないことが大切です。


嘘かと思うような事例ですが、本当にあったことなので注意しましょう。




 

 

□まとめ


 

今回は、火災保険を利用した詐欺の手口について詳しく解説しました。


火災保険は、火災や自然災害を受けた際にとても心強い味方です。


しかし、残念なことに、火災保険を利用した詐欺があるのも事実です。


騙されないようにするためにも、火災保険を利用した詐欺があることを理解しておきましょう。


当社は堺市を中心に建築事業に取り組んでいます。


お客様に納得して頂けるよう、丁寧な対応を心がけています。


何かわからないことがあれば、お気軽にご連絡ください。





LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

台風被害の火災保険の請求期限はいつまで?堺市のプロが解説します!

「昨日の台風で、住宅の一部が破損してしまったな。」


「リフォームのために火災保険を請求したいけど、期限はいつまでなのだろう。」


火災保険は身近ではないので、普段から利用しない方にとって、請求の期限は分かりにくいですよね。


しかし、いつまでなら請求できるかを知っておくと、保険金でリフォームの費用を安く抑えられます。


そこで今回は、火災保険の請求がいつまで可能かについてご紹介します。

 

 


火災保険について


*火災保険の基本


火災保険はその名前から、火災による被害だけを対象にした保険のように思われますが、実際は異なります。


台風や暴風、大雨による洪水や落雷など様々な自然災害が対象に含まれます。


これらは、火災保険に付随する風災補償や水災補償、落雷補償の対象です。




一般的に、台風被害の場合に利用されることが多いのは、風災補償と水災補償です。


風災による火災保険利用率は約6割を占めています。


火災より多いのは、意外ですよね。


また、火災保険を利用する際に、主な注意点が3つあります。


1つ目は、損害が人工的な問題によるものではなく、自然災害によるものでなければなりません。


2つ目は、損害金額が20万円以上であることです。


3つ目は、次の項目でご紹介する、保険を請求できる期限です。


保険を利用する際には、以上3つに注意するといいでしょう。




*請求期限はいつまでか


火災保険を利用する際には、損害がいつ発生したかについて注意しなければなりません。


保険は、被害発生後すぐに請求しなければならないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


実は、自然災害により被害を受けてから3年以内が請求期限と定められています。


3年はリフォームを終わらせる期限ではなく、申請を完了しなければならない期限を指すことに注意しましょう。


また、既にリフォームを終わらせた場合でも、被害発生から3年以内に請求すれば保険が適用されます。


一方で、独自に保険の請求期限を定めている会社もあるので、自身が加入している保険会社に確認するのが良いでしょう。




まとめ


今回は、火災保険の請求がいつまで可能かについてご紹介しました。


保険を請求する際には、3つの主な条件に注意する必要があります。


その中でも、保険の請求期限は被害発生から3年以内と定められていることが分かりました。


当社では、リフォームに詳しいスタッフがあなたのお悩みを一緒に解決します。


堺市でリフォームをお考えの方、火災保険などについて詳しく知りたい方は当社までお気軽にお問い合わせください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪



QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

    • 台風でベランダに被害を受けた堺市の方必見|リフォームに火災保険が適応できる?

    • 「台風のせいでベランダが壊れてしまった。」 「火災保険を利用してベランダをリフォームできるって本当?」 日本は災害が多く、その被害でベラ
      >>詳しく見る
    • 堺市で台風の被害を受けた方必見|火災保険の適応範囲について

    • 「火災保険って、火災の時しか適応できないのでは?」 「火災以外でも適応できると聞いたけど、実際どのような被害に対応してくれるのかな。」
      >>詳しく見る
    • 堺市で台風の被害を受けた方必読|リフォームに火災保険を適応する際の注意点は?

    • 「火災保険の適応範囲でリフォームできるって本当?」 「火災保険を利用してリフォームする際に気をつけるべきことを知っておきたい。」 火災保
      >>詳しく見る
    • 【堺市でリフォームをお考えの方へ】台風で床下浸水したときのリフォームはどうする?

    • 「台風で床の上まで水に浸かってしまい、腐敗し始めていて焦っています。」 「床下浸水は火災保険に該当するのか心配で、今必死に調べているところです
      >>詳しく見る
    • 【堺市で台風によって雨漏りした家にお住まいの方へ】火災保険でリフォームできるの?

    • 「この前すごい台風があって、それ以降に雨漏りが止まらなくなったのですが、何をすべきかわかりません。」 「家を建てるときに火災保険に加入したので
      >>詳しく見る
選ばれる理由

WEB限定価格!暮らしのリフォーム価格表

  • 暮らしを楽しくわくわく価格表
  • 暮らしの困った解決価格表

私たちがお悩みを解決し、わくわくできる住まいにします!

リフォームパークス大工紹介

プロと一緒に、とことん相談しながら体験見学できる!

オーダーメイドショールームツアー