ブログ

ローンの審査について解説!堺市で住宅のリフォームを検討している方必見!

「現在住んでいる家のリフォームを検討している。」


「リフォームのローンの審査について分からない。」


このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?


リフォームの内容に気を取られていると、ローンの審査について考える機会が少ないのではないでしょうか。


しかし、リフォームには大きな金額がかかるのでリフォームローンについて分かっていた方が安心です。


そこで今回は、リフォームローンの審査について解説します。




リフォームローンって?


リフォームローンとは、リフォームをする際にかかるお金を、金融機関が融資してくれるローンのことを指します。


リフォームは家の老朽化や劣化している部分を集中的に補修することもあります。


つまり、状況によっては高額な金額がかかるケースも少なくありません。


そのため、リフォームにかかるお金にローンを組むことによって計画的に支払えて負担が軽くなります。



リフォームローンの審査


リフォームローンというシステムはありますが、必ずしもローンを組み込めるわけではありません。


リフォームローンには審査があり、通るか通らないかが審査によって決められます。


例えば、年収や職業にある一定の基準が設けられています。


年収が200万から300万円を下回っている方は審査に通らなかったり、無職や専業主婦の方だと通らなかったりする可能性があります。


返済負担率によっても、審査に通るかが決められます。


返済負担率とは、個人の収入のうちどのくらいをリフォームローンが占めているかを示したものです。


この割合が高いと返済が難しいと判断され、審査が通らない可能性もあります。


組めない時はどうすればいい?


どうしてもリフォームしたくてローンを組みたいのに審査が通らない、という時もあるでしょう。


そのような時は、他の手段でローンを組むことを検討しましょう。


例えば、リフォームを依頼した会社に融資先を紹介してもらう手段があります。


リフォーム会社が、融資してくれる機関と結びついているケースもあり、場合によってはお得な特典を受けられる可能性もあります。


また、金融機関よりは金利が高いですが、信販会社から融資をお願いする手段もあります。


融資をもらうなら金融機関ではじゃないことも頭に入れておきましょう。



まとめ


今回はリフォームローンの審査について解説しました。


リフォームの際にローンを組むときには年収や職業、そして返済負担率といった審査の基準があります。


これらの基準により審査が通らない場合もあるため、その場合は他の手段で対応しましょう。


堺市でリフォームを検討している方で、何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪
QRコードまたは、URLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

堺市で家のリフォームを検討している方へ!業者の選び方について解説します!

「家のリフォームを検討している。」


「リフォームしてもらう業者を選ぶコツを知りたい。」


このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?


誰でも良心的で対応がいい会社を選びたいですよね。


しかし、数多くある会社の中からどんな基準で選べばいいのか分からない方も多いでしょう。


そこで今回は、リフォーム業者の適切な選び方について解説します。



いい業者の判断方法


*得意分野と自分の要望がマッチしているか


業者ごとに得意な分野と不得意な分野があります。


例えば、屋根のリフォームを専門にしている業者や壁の防音リフォームを専門にしている業者など、様々です。


そのため、自分がリフォームしてほしい箇所を専門分野としている業者を選ぶことが重要です。




*相見積もりをすること


リフォームの見積もりを頼む上で一番してはいけないことが、一つの会社にしか見積もり依頼を行わないことです。


リフォーム会社によって、工事にかかる金額や時期が異なります。


そこで、相見積もりという、複数の会社に見積もりをしてもらって比較検討することをおすすめします。



たくさんの情報の中から取捨選択することにより、事実に基づいて自分に合う会社を選べます。


*訪問して自分の目で確かめる


一般的に、業者を選ぶときはインターネットや資料から探して選ぶ方法をとる方が多いのではないでしょうか。


そのあとに大事なことは、自分で足を運んで業者に会いに行くことです。


会いに行って、皆様自身がどのようなリフォームをしたいのかを適切に伝えましょう。


また、建設業許可のマークや番号があるかを確認することをおすすめします。


これは国から許可をもらっている証拠なので安心できます。


許可証は全部で28種類に分かれており、電気工事や建築一式工事などがあります。


これを得ている業者は、適切な資格を持っていることと法令を守っていることが証明されています。


他にも、綺麗なオフィスであるかどうかや、対応してくれる方の受け答えといったささいなポイントも見ておくとよいでしょう。




まとめ


今回はリフォーム業者を選ぶ際のポイントについて解説しました。


業者にも得意な分野とそうでない分野があるので、得意分野と自分がリフォームしてほしい箇所が合っているかチェックしましょう。


そして、相見積もりを行い比較検討し、自分でオフィスを訪問して建設業許可や社員の対応のチェックもしましょう。


堺市でリフォームを検討している方で、何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

大阪に住んでる方必見!火災保険の賢い選び方!

「火災保険に入りたいけど、たくさんありすぎてどれが良いのかわからない」


火災保険の加入を検討している方なら、一度はこういう疑問を持ったことがありますよね。


火災保険の損保によって内容が異なるので、困っている方がほとんどです。


そこで今回は、皆さんに火災保険を選ぶ際の重要なポイント3つ説明します。



 


□自分の住まいで保険の対象を決めよう!


*建物を補償の対象とするかどうか


火災保険の対象には「建物」と「家財」の2つあります。


お住いの建物によって、必ずしも両方加入する必要はありません。 


 


*一戸建てに住んでいる方の場合


建物と家財の両方を自分が所有するので、2つとも対象にするのが無難です。


もし建物だけにしてしまうと、家財が損害を受けた時に全額自分で支払わなければいけません。


 


*賃貸に住んでいる場合


賃貸が住まいの場合、家財のみの保険に入っていることがほとんどです。


建物は貸主が所有しているので、建物の保険に加入する必要ありません。


 


*分譲マンションに住んでいる場合


分譲マンションの場合、共有部分と専有部分に分かれています。


建物自体を自分が所有していなくても、自分が使用している部屋は専有部分と見なされるため、建物の保険を払わないといけません。


 


 


□補償範囲を決めよう!


火災保険は火事以外にも適用されます。


水濡れや破損も、範囲内となります。


重要なのは、補償範囲を自分で決めることです。


自分が住んでいる地域の地形や天気、またお住いの建物の周りに何があるかをきちんと把握しておきましょう。


補償内容によっては値段も異なるので、自分に必要な補償内容を見極めることが重要です。



 


□再調達価格で補償額を決めよう!


補償額は物件の大きさや世帯人数で大体決まります。


補償額を決める際、再調達価格と時価設定の2つの方法があります。


しかし、再調達価格をオススメします。


理由は、建物と同じ金額の保険金が下りるからです。


時価設定のだと、年月が経つにつれて建物の価値が減少するので、必ずしも補償で賄えるとは限りません。


ほとんどの会社が再調達価格で計算していますが、時価で計算している会社もあるので、きちんと確認しておきましょう。


 


□まとめ


以上、火災保険を選ぶ際の重要なポイントを説明しました。


上記で説明したポイントを意識すれば、納得できる火災保険に加入できるはずです。


特に、学生の方や20代前半の方は上記のポイントを押さえるだけで費用も安くので確認しておいてください。


火災保険に加入しようか迷っている方は是非参考にしてみてください。



なんば駅に直結・大阪・堺でリフォームをするなら
リフォームパークスへお任せください。

そのリフォーム、保険が適用できるかもしれません!
まずは、お気軽にお問合せください。
LINEでかんたんにお見積りも出来ます。






リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

火災保険で詐欺!?トラブルなくリフォームするには

火災保険は災害で大変なときにお金を受け取れる、とてもありがたいものです。


しかし、本来得をするはずの保険で詐欺に遭って損をしてしまうというケースがあります。


それも、巧妙な手口で知らず知らずのうちに詐欺に遭っていたという場合すらあるのです。


ここでは、火災保険でのトラブルを避けるために知っておきたいことをまとめました。



□火災保険の詐欺とは


*詐欺は悪徳業者によって行われる


火災保険で詐欺行為をするのは、リフォーム会社などを装った悪徳業者です。


火災保険を口実に余計な工事をすることで利益を上げているケースが多いです。



詐欺のやり方


では、どうやって人を騙すのでしょうか。


まず、一番多いパターンが「保険金があるからと言って工事をしたが保険適用外だった」というものです。


これは、余計な工事をすることで多額の費用を要求するという点で悪質です。


これが一般的なリフォームであれば気が付くかもしれません。


しかし、火災保険があるという口実があることで気が緩んでしまう方も多くいらっしゃいます。


また、途中でそれに気づいてキャンセルしようとしても、多額のキャンセル費用を要求されることもあります。


□詐欺に遭わないためには


では、このようなトラブルを避けるためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。


ここでは、詐欺に遭わないためのポイントをご紹介します。


*解約料をチェック


悪徳業者は常識外れな見積もりを出した後、断られては元も子もないので、多額のキャンセル料を設定していることが多いです。


高額なキャンセル料が設定されていないか、事前にチェックしておきましょう。


*進め方が強引な業者は怪しい


見積もりを出した後、すぐに工事を始めようとする業者は悪徳業者である可能性があります。


というのも、保険金がどの程度支払われるかという予測を多めに見積もっておくことで、高額な工事を行おうとしているからです。


それが、実際の保険金申請でばれてしまうのは業者からしてみれば避けたいのです。


そこで、まだ保険金申請していない状況からも強引に工事を始めようとします。


*優良な企業を見つける


トラブルに遭わないための一番の対策は、優良企業をしっかり見極めることです。


優良企業なら、火災保険でいくら補償が出るのか、そのためにベストな工事はどういったものかなどを知り尽くしています。


状況に合った工事について、分かりやすく説明してもらえるでしょう。


「自己負担0円」「保険金で実質無料」などの甘い言葉にすぐに飛びつかず、じっくり業者を選ぶことが大切です。


□まとめ


火災保険のトラブルは、悪徳業者を選んでしまうことで起こります。


裏を返せば、しっかりと優良企業を選ぶことで、トラブルは避けることができます。


悪徳業者は甘い言葉でお得感を強調してきますが、よく考えてから依頼するように心がけましょう。



そのリフォーム、保険が適用できるかもしれません!

まずは、お気軽にお問合せください。

LINEでかんたんにお見積りも出来ます。








リフォームパークスのライン@が開設されました♪

お友達登録をするだけで、なんと工事費が5OFFです♪

QRコード

またはURLからご登録お待ちしております。

https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪

友だち追加

窓ガラスが割れた場合は火災保険が適用可能?詳しく解説します!

皆さんは火災保険と聞くと、どういったイメージをお持ちですか?


名前の通り火事のための保険と考えている人がほとんどですよね。 


しかし、窓ガラスが割れてしまった場合や火事以外にも、たとえ少額であっても補償可能な場合があるのです。


今回は、窓ガラスが割れた等のハプニングがあった場合に適用される火災保険について詳しく説明します。




 


☐火災保険が適用される場合


*風災補償


台風、強風、突風、雪、雹のような自然災害で割れてしまった場合に適用されます。



 


*盗難補償


泥棒が窓ガラスを割って家に侵入してきた時も適用されます。


この場合、何も盗まれていなくても窓ガラスに保険が付いているので、対象になります。



 


*不測突発事故の事例


子供がおもちゃを窓に投げた時や大掃除をしている時に家具をぶつけたり、床で滑って転んだりした時に適用されます。



 


*外部からの衝突で窓ガラスが割れた事例


外から飛んできた物が当たったり、野鳥が突っ込んだりした時に適用されます。


また、知らない間にガラスにひびが入っていた場合も含まれます。


これは、特に冬場で起こることが多い現象です。


 


☐火災保険が適用されない場合とは?


火災保険が適用されない場合は、事故ではない時です。


つまり、上記のような事故にあてはまらない場合は補償できません。


 


*地震で割れた場合


地震の場合は通常の火災保険の対象外となります。


ただし、例外があります。


それは、地震付帯の火災保険に加入している時です。


 


*原因がわからない場合


窓ガラスが保険の対象になるからといって保険会社に連絡すれば良いとは限りません。


必ず特定してからにしましょう。



 


☐事前に確認すべきこと


*補償内容の確認


上記で記載した事例の場合は保険会社に連絡すれば対応してくれます。


しかし会社によっては内容が異なる場合があります。


万が一のために契約書に書かれている「補償される場合」と「補償されない場合」を確認しておくと安心です。


 


*免責金額の確認


免責金額とは保険に加入する際に設定する自己負担額です。


一般的には一万円から十万円が妥当だと言われています。


この自己負担額が修理費用を上回っていると無償で修理してもらえません。


また、事故で割れたとしても免責金額内であれば補償対象外となります。


一度自分の免責金額を確認しておくことをおすすめします。


 


☐まとめ


以上、窓ガラスが割れた場合に適用される火災保険について詳しく説明しました。


そもそも窓ガラスが対象であることを知らないので、自分で払おうとしている人が多いですよね。


しかし、この機会に保険に加入しているのなら一度確認してみてはいかがでしょうか?


まだ加入していない方でも、これからのハプニングに備えて加入しておくのをおすすめします。


なんば駅に直結・大阪・堺でリフォームをするなら
リフォームパークスへお任せください。

そのリフォーム、保険が適用できるかもしれません!
まずは、お気軽にお問合せください。
LINEでかんたんにお見積りも出来ます。






リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

火災保険でリフォームしたい!手続きの流れを解説

火災保険では、自然災害によって住宅が被害を受けたときに補償をもらうことができます。


もしもの時の心強い味方と言えるでしょう。


一方で、保険の手続きは難しそうなイメージをお持ちではありませんか?


確かにお金が関係する話なので、書類での手続きは必ず必要です。


しかし、手続きは案外簡単に済んでしまうものなのです。


ここでは、保険金でリフォームする場合の手続きの流れについて解説していきます。





□火災保険で補償してもらえる条件


まずは、受けた被害が火災保険で補償してもらえるかどうかを確認しましょう。


*自然災害で受けた被害である


火災保険という名前ですが、補償されるのは火災だけではありません。


大雨、台風などの自然災害全般に広く補償されます。


ただし、地震については地震保険で対応しているため、こちらでは適用外となります。





*被害を受けてから3年以内である


火災保険には申請できる期限があります。


それは被害を受けてから3年以内であることです。


申請は既に自分のお金でリフォームしてしまった後でも有効です。


条件を満たしている方は、ぜひ申請をしましょう。



□申請の流れ


*工事業者に依頼する


保険の申請には、書類が必要になります。


この書類で、「どの箇所が被害に遭っているのか」「工事費用はいくらか」などを申請しなければいけません。


また、被害箇所の写真を撮る必要もあります。


これを個人で用意するのは難しいので、リフォームの工事業者に依頼するのがおすすめです。






*保険業者の調査


保険会社に連絡後、書類と破損個所が一致しているかなどを調査するために鑑定人が派遣されます。


ここで確認が取れれば、補償が確定します。


書類に高い信頼性があれば、この工程は省略されることもあります。







*保険金を受け取る


提出書類と現地調査をもとに、補償金額が決定されます。


お金は、銀行口座に振り込まれます。


お金を確認したら、実際の工事にとりかかりましょう。


大体、申請から2週間~1カ月で入金というケースが多いようです。






□まとめ


一見、難しそうな火災保険の申請ですが、工事業者に任せることでとても簡単に済ませることができます。


火災保険は、適用されるケースかどうか分からなかったり、面倒だからと申請を見逃してしまったりする方もいらっしゃいます。


見逃してしまうと、せっかく受け取れるお金が無駄になってしまうこともあります。


ぜひ火災保険のことを知って、お得にリフォームしてください!





そのリフォーム、保険が適用できるかもしれません!
まずは、お気軽にお問合せください。
LINEでかんたんにお見積りも出来ます。






リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加



◇◆夏季休業のご案内◆◇


 夏季休業のご案内 

平素は格別のご愛顧賜わり、厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ではございますが、弊社では、下記の日程にて夏季休業とさせて頂きます。

皆さまにはご不便をおかけする事と存じますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。



 夏季休業期間 

2019年8月11日(日)〜8月15日(木)


通常営業は、8月16日(金)からとなります。

なお、休業期間中もLINE公式アカウント(旧LINE@)

でのお問い合わせにつきましては、随時対応をさせて頂きます。

宜しくお願いいたします。


LINEで簡単お見積り

リフォームパークス公式アカウントはこちらです。

URL⇒https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s


パソコンの方は、下記のQRコードからお願いいたします。



リフォームパークス

コージーハウジング株式会社 代表取締役 菊井健太郎

リフォームに火災保険の適用をする際の申請方法とは?

「火災保険がリフォームに適用されるって本当?」


「火災保険でリフォームを行う際の申請方法がわからない…」


火災保険でリフォームを行えるということは意外と知られていません。


また、火災保険でリフォームを行う際の申請方法についてあまり詳しく知らない方もいるかと思います。


そこで今回は、火災保険とは何か、そしてリフォームの申請方法について詳しく解説します。



□火災保険とは?


火災保険と聞くと、その名前から火事の時にしか適用されないようなイメージを持ちますよね。


しかし、火災保険は「火事の時以外にも適用される保険」ということをご存知でしょうか?


火災保険は火災に限らず、爆発・破裂・落雷・風災・雪災などの自然災害から様々な事故まで幅広く適用されるケースがあります。


実際に、火災以外の災害による被害は多いので、保険の請求件数も多くなっています。


では、実際にどのように申請をするのか以下で解説していきます。



□申請の手順


*その1:専門業者に依頼する


自分では保険申請の対象になるか判断することは難しいので、自然災害に詳しい専門業者に調査をしてもらうのが一番でしょう。


専門業者が調査を実施し「この損害は火災保険が適応できるかどうか」を判断します。


保険を適応できる場合、調査報告書・被害がわかる写真・リフォーム工事の見積書など申請に必要な書類を作成してもらいましょう。


*その2:保険会社に連絡する


自分で申請を行う場合、保険会社に連絡をし、申請に必要な書類を送付してもらいます。


その後、上述した報告書や写真なども合わせて必要な書類を全て保険会社に提出しましょう。


契約をした専門業者に申請も依頼している場合、専門業者がサポートをしてくれます。


申請に必要な書類の提出なども合わせて申請を行ってくれるので結果を待ちましょう。


*その3:保険会社が調査を実施する


保険会社や代理店が「専門業者の見積もりが正しいかどうか」を判断するために、現地で調査を行います。


しかし、損害金額が少なかったり、明らかに自然災害の被害であると認められたりすると、この調査は省かれるケースもあります。


*その4:補償金額の決定・リフォーム工事開始


保険会社による調査で火災保険の対象であると判断されると、補償金額が決定され、申請者の口座にその金額が振り込まれます。


入金を確認後、施工会社にリフォーム費用を支払い、工事を行なってもらいましょう。


工事が終了したら、完了報告書を受け取って全ての手続きが終了します。


□まとめ


今回は、火災保険とは何か、そしてリフォームの申請方法についてご紹介しました。


火災保険はリフォームにも適用できるもので、その際の申請方法の流れをお分かりいただけたかと思います。


今回の記事を参考に、火災保険の活用を検討してみてください。


また当社では、お客様の暮らしをより良いものにするために、悩みを解決するリフォームを行なっています!

何かご相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。




そのリフォーム、保険が適用できるかもしれません!
まずは、お気軽にお問合せください。
LINEでかんたんにお見積りも出来ます。



リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

退去時のリフォームの費用を抑えることができる保険の種類とは?

「退去時に必要になるリフォームにも保険が適用されるって本当?」


「適用されるとしたらどのような種類の保険が適用されるのだろう」


退去時にかかるリフォームの費用を抑えたいと思う方は多いかと思います。


その費用を抑える方法として、火災保険を活用できることをご存知でしょうか?


火災保険をリフォームに活用できると聞いてもイメージが湧かないですよね。


そこで今回は、火災保険と退去時のリフォームについて詳しく解説します。



火災保険


*火災保険とは?


まず初めに、火災保険は「火事の時のみ適用される」という保険ではありません。


名前を聞くと火事の時にしか適用されないようなイメージを持ちますよね。


しかし火災保険は、火災・爆発・破裂・落雷・風災・雪災などの自然災害から様々な事故まで幅広く適用されます。


*借家人賠償責任保険


火災保険の中には、借家人賠償責任保険というものがあります。


借りている部屋に損害を与えてしまった際には、貸主に対して法律上の賠償責任を負ってしまいます。


借家人賠償責任保険は、そういった賠償責任を負った場合に補償をしてくれる保険です。


しかし、火災保険が適用される災害や事故が原因で損害を与えてしまった場合にのみ適用されるので注意が必要です。


退去時のリフォームに火災保険を適用する


賃貸の退去時に火災保険を適用できるケースが存在します。


賃貸に住んでいると、雨漏りや、壁や床などに傷を付けてしまったといった様々なトラブルが発生するかと思います。


このような時に、上述した「借家人賠償責任保険」を活用できることがあります。


賃貸物件の退去時には、「この部分を直してください」と、リフォームが必要になるケースがあります。


床や壁のへこみ、小さな傷などは経年劣化となり、基本的に借主が賠償する必要はありません。


逆に、日常では発生しないようなものや何かがぶつかったような傷などの損害は、借主の責任と考えられ賠償責任が発生します。


このような賠償責任は借家人賠償責任保険で補償できるケースが多いです。


しかし、この事実はあまり知られておらず、保険の請求漏れが多くなっています。


借家人賠償責任保険が適用されると、賃貸の退去時のリフォームの費用を抑えることができるのでぜひ一度確認してみてください。



まとめ


今回は、火災保険と退去時のリフォームについてご紹介しました。


火災保険は火災の時のみに適用されるものではなく、賃貸の退去時のリフォームの際にも適用できる可能性があることをお分かりいただけたでしょうか?


今回の記事を参考に、火災保険の活用を検討してみてください。


また当社では、お客様の暮らしをより良いものにするために、暮らしの悩みを解決するリフォームを行なっています!


何かご相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。



そのリフォーム、保険が適用できるかもしれません!
まずは、お気軽にお問合せください。
LINEでかんたんにお見積りも出来ます。

外壁のリフォームに保険を利用するための条件を知っていますか?

「外壁のリフォームに保険を利用したい!」


「保険が適用される条件ってなんだろう?」


リフォームに保険を利用できると費用を抑えられるので、ぜひ利用したいですよね。


しかし、外壁のリフォームに保険を使うためには条件があるのをご存知でしょうか?


あまり詳しく知らないという方も多いかと思います。


そこで今回は、火災保険と外壁のリフォームについて詳しく解説します。



□火災保険について


*火災保険とは?


火災保険は、火災だけでなく、風災・爆発・破裂・ひょう災・雪災・落雷などの自然災害から様々な事故まで幅広く適用される保険です。


*火災保険の種類


火災保険は、補償される範囲やその建物が居住用かどうかなどによって種類が分かれています。


その中から、今回は「住宅火災保険・住宅総合保険」を紹介します。


住宅火災保険は、火災・風災・雪災などの自然災害を対象としている保険です。


火災保険というとこちらを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?


住宅総合保険は、前者よりも多くの被害に対して補償をしてくれる保険です。


盗難や不注意による破損、漏水などに対しても補償がききます。


両者とも外壁のリフォームに利用できる保険となっています。




□外壁のリフォームに利用するための条件


*災害の種類


風災や落雷、雹災(ひょうさい)などの自然災害が原因となった外壁への損害に対しては火災保険を利用できます。


大雨や土砂崩れなどが原因となった外壁の損害は、水災と呼ばれるものに対応した火災保険に加入していないと補償対象とならないので注意しましょう。


*法律で定められた期間


「災害によって事故が発生してから、3年以内であれば保険金を請求できる」と法律で定められています。


従って、保険の利用を検討している方は3年以内に申請するようにしましょう。


しかし、3年もあるからといって申請を後回しにするのは危険です。


申請をすると保険会社の鑑定士が「保険対象となるかどうか」を現地で調査します。


時間経過とともに被害の状況が判断しづらくなり、保険が利用できないというケースに陥る恐れがあります。


できる限り、はやめの申請を心がけるようにしましょう。



□まとめ


今回は、火災保険と外壁のリフォームについてご紹介しました。


外壁のリフォームに火災保険を利用するには、火災保険の種類・被害を受ける原因となった自然災害の種類・災害発生から申請するまでの期間が大切な要素でした。


今回の記事を参考に、火災保険の活用を検討してみてください。


何かご相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。



なんば駅に直結・大阪・堺でリフォームをするなら
リフォームパークスへお任せください。

そのリフォーム、保険が適用できるかもしれません!
まずは、お気軽にお問合せください。
LINEでかんたんにお見積りも出来ます。






リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

    • 堺市にお住まいの方!台風被害の火災保険はいつまで適用される?

    • 「台風で傷ついた家をリフォームしたいけど、保険は適用されるのかな?」 「台風被害による火災保険はいつまで適用されるのだろう?」 このよう
      >>詳しく見る
    • 【堺市在住の方へ】台風被害で火災保険を使う際の注意点とは?

    • 「台風被害によって修理のリフォームが必要になってしまった!」 そんなときは、費用を抑えるために火災保険の利用がオススメです。 しかし、「
      >>詳しく見る
    • 堺市の方必見!台風被害に火災保険が適用されるためのコツ!

    • 「台風の被害を受けた」 「台風被害に関わる修理に火災保険が適用されるためのコツについて知りたい」 このようにお悩みの方もいらっしゃるので
      >>詳しく見る
    • 堺市の方へ|台風被害が原因でリフォームが必要になった事例

    • 「住んでいる住宅が台風の被害にあったけど、どの程度の被害でリフォームが必要なのか分からない」 「どれほどの被害を受けた建物がリフォームされてい
      >>詳しく見る
    • 堺市の方へ|火災保険が適用されるリフォームの条件って?

    • 「住宅の火災保険に長年加入しているけど、検討しているリフォームが火災保険の適用範囲内なのかについて、適用されるリフォーム条件について詳しく知った上で
      >>詳しく見る
選ばれる理由

WEB限定価格!暮らしのリフォーム価格表

  • 暮らしを楽しくわくわく価格表
  • 暮らしの困った解決価格表

私たちがお悩みを解決し、わくわくできる住まいにします!

リフォームパークス大工紹介

プロと一緒に、とことん相談しながら体験見学できる!

オーダーメイドショールームツアー