ユニットバスについて知りたい!浪速区でマンションリフォームを検討中の方に紹介

ユニットバスについて気になっている方はいらっしゃいませんか。


ユニットバスという言葉を聞くと、風呂とトイレが一体化したものを想像される方が多いと思いますが、実はそうではありません。


そこで今回の記事は、本来のユニットバスの意味とそのメリットについて詳しく説明します。

 

 


□ユニットバスとは?


ユニットバスとは、壁や天井、床、浴槽といったそれぞれのパーツが一体になっている浴室のことです。


あらかじめ形成されたパーツを搬入して組み立てて設置する点が特徴です。

 


そのため、洗面台やトイレがセットになったものだけを限ってユニットバスと呼ぶわけではありません。


ユニットバスには3種類あり、浴槽のみのユニットバスは「1点ユニットバス」、浴槽と洗面台が一緒になったものは「2点ユニットバス」、さらにトイレが一緒になったものを「3点ユニットバス」と呼びます。


現在普及しているユニットバスの原型は、1964年の東京オリンピックがきっかけで開発が進みました。


全世界から訪れる観光客に対して、宿泊するホテルを急ピッチで作る際に、ユニットバスが採用されたのが背景にあります。


それまでホテル1室のバスとトイレを作るために複数の職人が1か月かけて施工していたところを、あらかじめ工場で形成したユニットバスを採用することで工期を短縮できました。



しかし、それと同時にユニットバスの誤解が生まれます。


ちょうど同じ時期に一般住宅でも3点ユニットバスが広く普及し始めており、「ユニットバスはバスとトイレが一緒のもの」という誤解が日本中に伝わってしまったのです。


□ユニットバスのメリットとは?


それでは、マンションリフォームにユニットバスを用いると、どのようなメリットがあるのでしょうか。


まず1つ目は、工期が短いことです。

 

 


ユニットバスは工場で作られたパーツを組み立てるだけであるため、工期を短縮できます。


工期が短いと人件費の短縮にも繋がるため、結果的にリフォーム代金を抑えられるでしょう。


2つ目のメリットは掃除のしやすさです。


ユニットバスは全て浴室のために設計されており、掃除のしやすさに特化しています。


素材には汚れが付きにくいものが使用され、付いてしまった汚れも落としやすいといった特徴があります。

 


カビが生えにくいコーティングもされているため、水はけの良さも保証されているでしょう。


さらに床や壁、浴槽や排水溝といった各部分にも掃除の手間を軽減する工夫が施されています。


3つ目は断熱性の高さです。

 


ユニットバスは浴室が二重構造となっているため断熱性が高いのが特徴です。


浴室の熱が逃げにくく、冬でも暖かさが保てるでしょう。


これは浴槽の外で体を洗う場合でも同じことが言えるため、寒がりの人にはピッタリですね。


最後に紹介するメリットは水漏れのリスクの低さです。


先述した通り、ユニットバスは全てが浴室のために設計されています。


そのため水漏れに関しては万全な対策が取られています。


万が一、集合住宅で浴室から水漏れが発生した場合、他の住宅まで大きな被害が出てしまうでしょう。


そのため現在ほとんどのマンションでユニットバスが使用されています。


その防水性が高く評価されていることが分かりますよね。



□ユニットバスでの注意点を解説します


実際にユニットバスのリフォームを始める際は、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。


工事前と工事中の2つに分けて、マンションならではの注意点を紹介します。


*工事前の注意点


まずはマンション管理規約を確認しましょう。


組合ごとに規約がそれぞれ異なるため、必ずチェックが必要です。


リフォームの工事届出を提出して承認されてから工事を実施できます。


さらに工事前には現場調査を必ず行いましょう。




これは十分な搬入経路や通路幅が確保できずに、廊下や洗面所の壁を壊す必要があるかどうか事前に知るためです。


また、電気式の浴室換気暖房機を設置される方は専用の配線が要ります。


工事前の施工会社との打ち合わせで確認しておくと後の流れがスムーズです。


加えてマンションリフォームでは、マンション特有の梁に注意しましょう。


梁の位置によってはユニットバスの位置が変更できません。

 


こちらの関しても事前の現場調査で把握できます。


最後に、現場調査は業者に任せきりにせずに、自身の目で現状を確認することをおすすめします。


これは工事が始まってから認識の食い違いを防ぐためです。


業者の説明を聞きながら目視と図面でチェックすると、より理解を深められるでしょう。


*工事中の注意点


マンションのリフォーム工事では、近隣トラブルを未然に防ぐことが非常に大切です。


これからも安心して住み続けるために、両隣はもちろん上下階にも対策しておくと良いでしょう。



基本的に工事前には施工会社が挨拶周りをしてくれますが、自身もやっておくとより効果的です。


また工事車両の駐車スペースを確保しておく必要があります。


もしマンションにそのような工事車両専用の駐車スペースが無ければ、近隣のコインパーキングを使用するといった対策をします。


誤った位置に車両があるとクレームになりかねないため気を付けましょう。



□まとめ


今回はユニットバスについて詳しくご紹介しました。


ユニットバスへの誤解がとけたら幸いです。


浪速区周辺でマンションリフォームについてお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。




初めての方はこちら

お客様の声

リフォームパークスについて

施工事例

会社案内

お役立ち情報

お問い合わせ

    • 老後に備えてどのようなリフォームが効果的?

    • これまでは暮らしやすかったお家も築年数が経つにつれて、水回りなど徐々に劣化が目立つようになります。そしてご家族の年齢も高くなると、徐々に住み心地にも
      >>詳しく見る
    • 要注意!よくあるキッチンリフォームの失敗例をご紹介します

    • 「おしゃれなキッチンにリフォームしたい」リフォームを検討されている方で多くの方がこのような理想を描いておられます。ただ、理想と実際に使ってみて感じる
      >>詳しく見る
    • 後悔しないために!中古戸建てリノベーションでやっておけばよかったと感じるポイント

    • 最近では新築でお家を建てられるのではなく、中古で一戸建てを購入し、新築同等のリノベーションを選択される方が増えています。地域によっては新築価格が高騰
      >>詳しく見る
    • マンションにリフォームで換気設備を後付けできる?

    • コロナの影響で換気への重要性が高まりました。直接感染を防止できるというデータはありませんが、備えるに越したことはありません。コロナ対策でなくてもお家
      >>詳しく見る
    • マンションで3LDKを4LDKにリノベーションするのは可能?

    • 家族構成が変われば生活スタイルも徐々に変わっていきます。日々生活するお家も家族構成、生活スタイルに合わせる必要があると考えています。特に最近だとコロ
      >>詳しく見る
お客様の想いをカタチにするワンチームリノベーション
選ばれる理由

私たちがお悩みを解決し、わくわくできる住まいにします!

リフォームパークス大工紹介

プロと一緒に、とことん相談しながら体験見学できる!

オーダーメイドショールームツアー