2019年10月

【堺市で台風により屋根が剥がれてしまったら?】リフォームで火災保険を使おう

「先日うちの家の周辺にものすごい風速の台風が通った関係で、うちの家も含めて屋根をはじめ、甚大な被害を受けたけどどうしよう。」


「屋根が台風によって剥がれてしまったけど、火災保険で対処できないのだろうか?」


上記のような災害に遭われて、修復費に対して頭を抱えていらっしゃいませんか?

 


屋根は家を守る重要な部分であり、屋根がなければ雨をはじめ、雪や日差しなどの影響を直に受けることになります。


このような状態になれば、家の家電製品が使えなくなるのはもちろんのこと、家具や道具全般が使えなくなるのは時間の問題です。


こういった最悪の事態を避けるために、早く屋根の修復をしたいものの、金銭面で不安が伴って行動に移せない方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。


そこで今回は、堺市で台風により屋根が剥がれてしまった方へ、リフォームするときに火災保険は適用できるのか解説します。

 


 

 

□屋根の修復リフォームに火災保険は適用できるのか


 

まずは結論からですが、経年劣化であるかどうかを鑑定してもらわないと火災保険が適用できるのかはわかりません。


そしてその鑑定が行うのは、公平な判断をするためにも、家の持ち主や保険会社ではなく第三者が行います。




もし火災保険会社が鑑定する場合、特に家の持ち主が火災保険に詳しくなかった場合であればですが、不正な判断によって補償されない可能性が出てくるためです。


一般に屋根といっても、雨どいやしっくい、瓦やベランダ、テレビのアンテナなど補償の対象はさまざまです。


そしてよく陥りやすい失敗例としては、「あぁ、これは絶対経年劣化に該当するから火災保険は使えないだろう」と決めつけてしまうことです。


確かに実際に鑑定してみたところ、経年劣化で補償が使えない場合はあります。


しかし、鑑定なしに数十万〜数百万円も修復費用をかけるのは、鑑定してもらっていればかなりの費用を火災保険会社に負担してもらえていた場合を考えれば、もったいないです。


もし「絶対に経年劣化と言えるほどではないかも?」と少しでも迷っている状況ならば、ぜひ一度鑑定してもらうことを強くおすすめします。



 

 

□まとめ


 

今回は堺市で台風により屋根が剥がれてしまった方へ、リフォームするときに火災保険は適用できるのかについてご紹介しました。


住宅の修復であれば、かなりの高額な費用がかかることが想定されます。


ぜひ後悔のないように、一度鑑定してもらうことを検討してみてください。


そして、丈夫な屋根を取り戻しましょう。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

堺市で台風によって外壁に被害が生じたら?火災保険を使ってリフォームできるのか?

「外壁が台風のせいで大変なことになってしまったけど、どうしよう。」


「台風が来てから外壁にヒビが入ったり、塗膜が剥がれたりして困っています。」


上記のようなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?



外壁は屋根と同じくらい、家を守るために重要な部分です。


しかし、年数が経つにつれ、もろくなったり耐久性に問題が生じてきたりと、いつかは対処が必要です。


台風は外壁を劣化させる大きな要因の一つで、毎年多くの家の外壁にダメージを与え続けています。


この記事を読んでいらっしゃる方の多くは、外壁の修復が必要な状態でお困りの状況だと思います。


そこで火災保険を思いつく方もいらっしゃるのではないでしょうか。


しかし、外壁の修復に火災保険は適用できるのでしょうか?



そこで今回は、台風の影響により外壁に被害が生じて修復費に対して頭を抱えていらっしゃる方へ、火災保険でリフォームできるのかについてご紹介します。


 

 

□外壁の修復には火災保険を適用できるのか?


 

火災保険には3種類あるのはご存じでしょうか。


「住宅火災保険」、「住宅総合保険」、「新タイプの火災保険」がありますが、どの保険に加入しているのか、また保険にかけている負担額はいくらなのかによって異なります。


以下では、上記の3つの火災保険について、簡単に解説していきます。




 

*住宅火災保険


 

一般的な火災保険にあたるもので、火災だけでなく落雷や風雨などといった自然災害で効力を発揮します。


 

*住宅総合保険


 

住宅総合保険は住宅火災保険の内容に、水に関するトラブルや破損、盗難や物理的な被害だけでなく持ち出した家財も補償してくれるのが特徴です。


 

*新タイプの火災保険


 

住宅総合保険は住宅火災保険の内容をさらに拡大したものでしたが、新タイプの火災保険は例えば庭など、さらに敷地内にある設備も補償内容に含まれます。


また補償額にたいていは限度が設けられていますが、この新タイプの火災保険は補償金額の負担してくれる額が増え、より安心できる内容になっています。


また最大瞬間風速が秒速20m以上であり、リフォームにかかる費用が20万円以上であること、さらにその被害を受けてから3年以内に申請していることが、火災保険の前提の適用条件です。


場合によっては上記以外で条件が出てくることがありますので、不安な方は火災保険の会社にお問い合わせしてみましょう。



 

 

□まとめ


 

今回は台風の影響により外壁に被害が生じて修復費に対して頭を抱えていらっしゃる方へ、火災保険でリフォームできるのかについてご紹介しました。


外壁塗装をしようか迷っている方にとっては、修理費の負担額が少なくなることはとてもありがたいことだと思います。


よく確認した上で、ぜひ外壁の修復を検討してみてください。


LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

マンガでわかる!火災保険を利用して家を修理する方法とは!?




「火災保険ってどんなときに利用できるのだろう。」
「家の修理に火災保険を利用すると、自己負担はないの?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

火災保険を利用して、家を修理することは人生で何度も経験することではありません。
そのため、火災保険を利用できる条件やどの程度補償されるかは、わからない方も多いと思います。

せっかく火災保険に入っているのなら、それらを知らないことはもったいないです。
そこで今回は、火災保険を利用して、家を修理する方法について解説します。

□台風で家が被災した!?このようなときは火災保険を利用して修理しよう!


「台風の影響で屋根の瓦が剥がれてしまった。」
「台風の影響でカーポートが倒れてしまった。」
このように自然災害の被害を受けた方はいらっしゃいませんか。

台風で家が被災して、修理をするときに「台風保険なんかないから、自己負担かな」と考える方は多いと思います。
しかし、台風で被災した場合は、火災保険を利用して、家を修理できることが多いです。

その理由は、火災保険には、風災補償がセットになっている場合が多いからです。
その他にも、実は知られていない火災保険に関わることを紹介します。

*勘違いしている、損害額の20万円


「火災保険の風災補償を利用するには、損害額が20万円以上のあることが条件」と聞いたことがある方はいらっしゃいませんか。

修理費用が21万円の場合は、補償対象金額が1万円、残りの20万円は自己負担と勘違いしている方が多いです。
しかし実際は、修理費用が21万円の場合は、修理費用の全額が補償対象です。

一方で、修理費用が20万円未満の場合は、火災保険の補償対象にならず、補償金は0円です。

また、小さな破損などでも修理費用が20万円以上になる場合が多く、火災保険が適応される場合が多いです。
そのため、火災保険が適応されると、自己負担はありません。

*請求しても保険料は上がらない


「保険料が上がる」という認識は、車両保険から生まれている場合が多いです。
車両保険には、等級制度があり、保険を利用すると等級が下がり、保険料が上がります。

それでは、なぜ火災保険の保険料は上がらないのでしょうか。
その理由は、自然災害によって家が被災しても、家には何の責任もないからです。

そのため、家が被災したときは、遠慮せずに保険の申請をすることがおすすめです。

一方で、車両保険を利用する交通事故の場合は、過失割合が定められます。
そのときに、自分の割合が0にならない限り、被保険者にも非があるとみなされるため、保険料が上がります。

□早く修理しよう!二次災害の可能性があって危険!


二次災害とは、ある災害が起こった後に、それがもとになって起こる別の災害のことです。

台風の影響により、家に被害が出ている事が非常に多く、その被害を放置しておくと、さまざまな二次災害を引き起こす可能性があります。

以下に、二次災害の例を2つ紹介します。

*家の寿命を縮める


屋根の瓦が剥がれている状態で放置していると、雨漏りの原因になる可能性があります。

雨漏りは、放置していても、自然に治ることではないため、早急に修理が必要です。
雨漏りすると、家に使われている木材が腐ったり、金属がサビたりします。

また、家全体の湿度が高まり、カビやシロアリの発生にもつながるかもしれません。

もし、そのようなことになると、家の寿命を縮めます。

*他人に被害を与える


二次災害では、自分が被害を与える立場になる可能性もあります。

例えば、破損したテラス・カーポート・瓦などが落ちて、通行人に当たってしまうかもしれません。
実際に、そのようなことは起こらないだろうと考える方もいらっしゃると思います。

しかし、災害によってテラス・カーポート・瓦などを支える部分がダメージを受けている場合、いつ落ちてもおかしくないと言えます。

□知っておきたい!火災保険を利用できる場合とは!?


「火災のときにしか利用できない。」と考える方はいらっしゃいませんか。
しかし、上記の通り、火災以外の場合にも利用できます。
以下に、火災以外に利用できる場合を2つ紹介します。

①風災が原因となって、修理が必要になった場合
上記の通り、台風などの風災の場合も利用できます。
例えば、台風で瓦が剥がれたり、ベランダが破損したりした場合に利用できます。

②雪災が原因となって、修理が必要になった場合
雪災とは、あまり聞きなれない言葉かもしれません。
雪災とは、豪雪や雪崩による被害ことです。
例えば、雪の重みで家が歪んだり、雪崩で自宅が壊されたりした場合に利用できます。

③水災が原因となって、修理が必要になった場合
水災とは、洪水や高潮や土砂崩れなどによって発生した被害です。
2019年10月に関東に直撃した台風での被害も水災に含まれます。
この関東に直撃した台風では建物の浸水被害がひどかったそうで、火災保険が適用されたお家が多くありました。

*何らかの被害を受けているかもしれない!?


家は気づかないうちに何らかの被害を受けているかもしれません。

実は、火災保険を申請する理由の多くは、水・風・雷災害で、約6割を占めています。
この破損は自然に劣化したものではないと思う場合でも、火災保険が適応される可能性は高いです。

また、この程度の被害では適応されないとだろうと思っていても、100万円以上の補償金が支払われることが珍しくありません。

そのため、少しでも被害に気づけば、調査や申請をすることをおすすめします。

*保険の申請には、実質期限の制限がない


火災保険の保証対象となるには、自然災害によって家が被災した日から通常3年以内に申請依頼をする必要があります。


しかし、強風や突風と呼ばれる「強い風」でも、火災保険の対象となる場合があります。
「強い風」だったら、3年以内に数回は吹いている可能性があるため、保険の申請には、実質期限の制限がないと言えます。

また、保険に入っていることを知らなかったなどの理由で連絡が遅れた場合、3年を過ぎていても申請できるかもしれません。

*難波・堺市で、火災保険を利用してリフォームなら当社にお任せ!


火災保険を利用するには、被災した箇所の写真や見積書などの書類が必要です。
また、火災保険を利用して、リフォームする際は上記のものを準備して、リフォーム業者に依頼しなければいけません。

このように、申請の手続きが面倒なため、広く活用されていないことが現状です。

そこで、面倒だからと諦めてしまう前に、当社に依頼してみてはいかがですか。

以下に、当社に依頼するメリットを2つ紹介します。

・保険会社対応のスタッフが常駐している。
上記の通り、利用するには、写真や見積書などの書類の準備に加え、状況を説明する必要があります。
この面倒で難しい作業を、スタッフがお手伝いいたします。

保険会社対応のスタッフが常駐しているため、保険に関する専門知識やノウハウがあり、どんな疑問でも答えられます。

また、営業マンとは違い、当社のスタッフは保険を「使う」プロです。
そのため、営業マンは教えてくれないことを、当社のスタッフは教えられます。

保険を利用するには、最終的に専門家の確認が必要なため、保険会社のスタッフにサポートしてもらえると安心でしょう。

・専門的な知識を持った、技術力の高い大工が在籍している。
当社には、専門的な知識を持った大工が在籍しており、施工能力・技術力共に高い熟練した職人が工事にあたります。

そのため、LIXILにもプロフェッショナルなリフォーム会社として認定されており、本質的な修理ができます。

□まとめ


今回は、火災保険を利用して家を修理する方法について解説しました。
この記事を参考に、火災保険を利用して家を修理してみてはいかがですか。

当社は、難波・堺市を中心にリフォームを提供している、地域密着のリフォーム専門店です。

「火災保険についてアドバイスがほしい。」
「施工能力が高い業者に依頼したい。」
このようにお考えの方は当社にお問い合わせください。

当社には、上記の通り、火災保険に詳しいスタッフや施工能力が高い大工が在籍しているため、お客様に満足していただけるリフォームを提供できます。

堺市でリフォームを検討している方必見|火災保険を利用した詐欺に注意!

「火災保険を利用した詐欺があると知って怖い。」


「実際に、火災保険を利用した詐欺の手口について詳しく知りたい。」


火災保険は、普段我々の心強い味方ですが、これを利用した詐欺があるのはご存じでしょうか。


いざ、火災保険を適用してリフォームなどをするときに、詐欺の被害に遭わないためには、実際にあった詐欺の手口を知っておくことが重要です。


そこで今回は、火災保険を利用した詐欺とその対処法について詳しく解説します。




 

 

□負担金ゼロと謳った業者に注意


 

リフォームを検討する際に、負担金がかからないと言われたら少し注意が必要です。


負担金ゼロと言われて契約したところ、保証対象外が多くなり、自己負担が大きくなってしまったという事例があるからです。


このような状態を回避するためには、見積書にしっかりと目を通し、曖昧な点や不自然な点を明確にする必要があります。


単に業者が伝え忘れているだけの場合もありますが、意図的に手数料などの詳細な内容を隠している場合があるので注意しましょう。




 

 

□強引な契約に注意する


 

これは、唐突に訪問してくる業者に多い詐欺の手口です。


リフォームに火災保険が適応できると謳って、冷静な状態にない客の心理を煽って強引に契約を結んできます。


契約内容が明確になっていないのに工事を強行されたり、修理を断った場合には莫大(ばくだい)な違約金を要求してきたりします。


このような状態を回避するためには、その場で契約を結ばず、強気な姿勢をとることが重要です。


その場で決めようとする前に一度冷静な状態で考える必要があります。


また、強引な訪問販売員は、客の弱いところを狙って契約を結ぼうとしてくるので、強気な姿勢をとり続けることが重要なのです。



 

 

□無料で調査すると言ってくる業者に注意する


 

保険を適用して、無料で家の状態を調査できると言ってくる業者にも注意が必要です。


調査と言って家に侵入した際に、家を壊し、修理する必要があると伝えてきたという事例があるからです。


このような事例を回避するためには、信頼できる業者以外には依頼しないことが大切です。


嘘かと思うような事例ですが、本当にあったことなので注意しましょう。




 

 

□まとめ


 

今回は、火災保険を利用した詐欺の手口について詳しく解説しました。


火災保険は、火災や自然災害を受けた際にとても心強い味方です。


しかし、残念なことに、火災保険を利用した詐欺があるのも事実です。


騙されないようにするためにも、火災保険を利用した詐欺があることを理解しておきましょう。


当社は堺市を中心に建築事業に取り組んでいます。


お客様に納得して頂けるよう、丁寧な対応を心がけています。


何かわからないことがあれば、お気軽にご連絡ください。





LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

台風被害の火災保険の請求期限はいつまで?堺市のプロが解説します!

「昨日の台風で、住宅の一部が破損してしまったな。」


「リフォームのために火災保険を請求したいけど、期限はいつまでなのだろう。」


火災保険は身近ではないので、普段から利用しない方にとって、請求の期限は分かりにくいですよね。


しかし、いつまでなら請求できるかを知っておくと、保険金でリフォームの費用を安く抑えられます。


そこで今回は、火災保険の請求がいつまで可能かについてご紹介します。

 

 


火災保険について


*火災保険の基本


火災保険はその名前から、火災による被害だけを対象にした保険のように思われますが、実際は異なります。


台風や暴風、大雨による洪水や落雷など様々な自然災害が対象に含まれます。


これらは、火災保険に付随する風災補償や水災補償、落雷補償の対象です。




一般的に、台風被害の場合に利用されることが多いのは、風災補償と水災補償です。


風災による火災保険利用率は約6割を占めています。


火災より多いのは、意外ですよね。


また、火災保険を利用する際に、主な注意点が3つあります。


1つ目は、損害が人工的な問題によるものではなく、自然災害によるものでなければなりません。


2つ目は、損害金額が20万円以上であることです。


3つ目は、次の項目でご紹介する、保険を請求できる期限です。


保険を利用する際には、以上3つに注意するといいでしょう。




*請求期限はいつまでか


火災保険を利用する際には、損害がいつ発生したかについて注意しなければなりません。


保険は、被害発生後すぐに請求しなければならないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


実は、自然災害により被害を受けてから3年以内が請求期限と定められています。


3年はリフォームを終わらせる期限ではなく、申請を完了しなければならない期限を指すことに注意しましょう。


また、既にリフォームを終わらせた場合でも、被害発生から3年以内に請求すれば保険が適用されます。


一方で、独自に保険の請求期限を定めている会社もあるので、自身が加入している保険会社に確認するのが良いでしょう。




まとめ


今回は、火災保険の請求がいつまで可能かについてご紹介しました。


保険を請求する際には、3つの主な条件に注意する必要があります。


その中でも、保険の請求期限は被害発生から3年以内と定められていることが分かりました。


当社では、リフォームに詳しいスタッフがあなたのお悩みを一緒に解決します。


堺市でリフォームをお考えの方、火災保険などについて詳しく知りたい方は当社までお気軽にお問い合わせください。

LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪



QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

この度の台風による被害に遭われた方にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

この度の台風による被害に遭われた方にお悔やみとお見舞いを申し上げます。
このたびの台風被害により、お亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、被害を受けられました地域の皆様にお見舞いを申しあげます。
一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。


コージーハウジング株式会社代表取締役
リフォームパークス
菊井健太郎

台風被害を受けたガレージは火災保険の対象?堺市のプロが解説します!

「先日の台風で、自宅のガレージが破損してしまった。」


「ガレージを修理したいけど、火災保険の対象に入るのかな?」


台風などの被害で、ガレージをリフォームしなければならない場合はよくあります。


しかし、ガレージのリフォーム費用って高そうですよね。


もし、ガレージの破損に火災保険を適用できたら、費用を安く抑えられると思いませんか。


そこで今回は、ガレージが火災保険の対象になるのかどうかについてご紹介します。

 

 


火災保険について


*火災保険の基本


火災保険は、その名前から火災だけを対象とした保険のように思われますが、実際は異なります。


火災保険には、風災補償や雪災補償、雹災補償といった様々な補償が付随します。


一般的に、台風の場合に利用されることが多いのは、風災補償や水災補償です。




保険を利用する際に、主な注意点が3つあります。


1つ目は、損害が経年劣化によるものではなく、自然災害によるものでなければなりません。


2つ目は、被害を受けてから3年以内に、保険の申請を行う必要があります。


3つ目は、損害額が20万円以上であることです。


保険を申請するときには、以上3つの項目に注意することが大切です。




*ガレージは火災保険の対象に入る


結論から述べると、ガレージは火災保険の対象に入ります。


ガレージは、火災保険の契約上、建物付属物として取り扱われます。


火災保険加入時に、建物のみを目的として加入した場合には適用されますが、家財のみを目的とした場合は適用されません。


現在は、ガレージや門などを含めた建物は目的として、火災保険に加入するのが一般的です。


しかし、保険によって対応が異なる場合もあるので、万が一心配な場合は、会社に問い合わせてみるのが良いでしょう。

 

 


また、ガレージが自然災害で破損する際の主な原因は、強風や積雪、雹です。


これらに対して、先ほど紹介した風災補償や雪災補償、雹災補償が適用できます。


この中でも、台風が原因で利用されることが多い風災補償の適用条件に、注意しなければなりません。


風災補償の対象は強風による被害であり、強風の基準は最大瞬間風速20メートル毎秒以上と定められています。


風災補償を利用する際には、強風の基準に加えて、上記の申請期限と損害額にも注意しましょう。




まとめ


今回は、ガレージが火災保険の対象になるのかどうかについてご紹介しました。


現在は、ガレージや門などの建築付属物も火災保険の対象であることが分かりました。


また、台風被害の場合に利用することの多い風災補償には適用条件があるので、注意する必要がありますね。


当社では、リフォームに詳しいスタッフがあなたのお悩みを一緒に解決します。


堺市でリフォームをお考えの方、火災保険などについて詳しく知りたい方は当社までお気軽にお問い合わせください。





LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

台風被害を受けた雨漏りは火災保険の対象?堺市のプロが解説します!

「いつの間にか雨漏りが発生しているな。」


「台風被害の雨漏りは、火災保険の対象に入るのかな。」


台風や竜巻が原因で、雨漏りが発生する事例は多く存在します。


しかし、雨漏りに対するリフォームの費用って高そうに感じますよね。


雨漏りに対して火災保険を適用できればリフォームの費用を安く抑えられるため、適用できるかどうかは重要です。


そこで今回は、雨漏りは火災保険の対象に入るかどうかについてご紹介します。




火災保険について


*火災保険の基本


火災保険は、その名前から火災だけを対象にした保険のように思われますが、実際は異なります。


風災補償や水災補償、落雷補償など様々な自然災害による被害を対象とした補償が付随します。


これらの補償を含め、火災保険を利用する際には、主に3つの注意点が存在します。


1つ目は、損害が経年劣化によるものではなく、自然災害によるものでなければなりません。


2つ目は、保険の申請を被害発生から3年以内に済ます必要があります。


3つ目は、損害額が20万円以上であることです。


保険を申請する際には、以上の3つに注意しましょう。




*雨漏りで火災保険を請求できるかは原因次第


自然災害が原因で発生した雨漏りの多くに対して、火災保険を請求できます。


雨漏りは水に関連した問題ですが、水災ではない点に注意しなければなりません。


台風や竜巻、大雪や雹などが原因の雨漏りは、風災補償や雪災補償、雹災補償の対象です。



また、マンションでは上階の住人が原因で発生した雨漏りにも保険が適用されます。


一方で、自然災害以外が原因の雨漏りに対しては、保険を請求できない可能性が高くなります。


ソーラーパネルを設置したことで起こる雨漏りや、リフォームや増築をした後の雨漏りでは、火災保険を請求できません。


人工的な問題が原因の雨漏りは、保険の対象外ということですね。


したがって、自然災害が原因か、人工的な問題が原因かを見極める必要があります。


つまり、損害が自然災害によるものであることを示さなければなりません。


また、申請する際には、先ほど紹介した申請期限や損害額についても注意する必要があるでしょう。



まとめ


今回は、雨漏りは火災保険の対象に入るかどうかについてご紹介しました。


保険を申請する際には、紹介した3つの点に注意しなければなりません。


また、強風や積雪などが原因で発生した雨漏りは、保険の対象であることが分かりました。


当社では、リフォームに詳しいスタッフがあなたのお悩みを一緒に解決します。


堺市でリフォームをお考えの方、火災保険などについて詳しく知りたい方は当社までお気軽にお問い合わせください。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

台風で破損した物置も火災保険の対象になる?|堺市のリフォーム業者が解説します!

「台風で物置が飛ばされてしまった。」


「物置の損害に対しても保険って適用されるの?」


こういったお悩みや疑問を抱えてはいませんか?


屋根や外壁、その他の家財であれば、万一の自然災害の際に火災保険を適用させられると聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。


しかし、台風によって破損した物置に対しても火災保険が適用されるということを知らない方もいらっしゃることでしょう。


そこで今回は物置が火災保険の対象に含まれるかどうかについて解説します。

 

 


物置は「建物」か「家財」のどっち?


火災保険に加入する際には、保険の補償対象として「建物」か「家財」か、もしくは「両方」か、を選ばなければなりません。


ここでいう「建物」とは、建物本体はもちろん、敷地内にある付属建物も補償の対象に含まれます。


具体的には門や車庫、そして物置もこの「建物」に分類されますが、建物自体に取り付けられたエアコンやテレビアンテナなども建物に分類されることがあります。


一方で「家財」とは、家具や家電製品、衣類などの日常的に使用するものが家財に分類されます。


ただし、この補償対象の分類に関しては延床面積の広さなどが限定されている場合もあるため、保険会社に確認しておく必要があります。

 


火災保険加入後に物置を設置していても大丈夫?


基本的に補償対象に「建物」を選んでいた場合には、加入後に追加で設置していても補償の対象にできます。


ただし契約金額に追加分の付属建物の金額を上乗せする必要があるので、保険会社と相談してみましょう。


物置や車庫など費用をかけて設置したものは、被害を受けた際に修理費用が高くついてしまう可能性があるため、万一の際に頭を抱えることがないよう適切に保険金が支払われるようにしておくことが大切です。




火災保険と地震保険


近年では地震に対する備えも十分に検討されるようになってきましたが、地震でも火災保険によって物置の補償をカバーすることはできるのでしょうか。


結論から言えば、地震による損害は火災保険では補償してもらえません。


従って、地震にも備えたい場合には地震保険に加入しておく必要があります。


ただし、補償範囲は付属建物まで含んでいる火災保険とは違い、地震保険は建物の主要構造部の損害度で保険金額が判断されることが多く、付帯建物まで補償が及ばない可能性もあるため注意しておきましょう。




まとめ


今回は物置が火災保険の対象に含まれるかどうかについて解説しました。


建物や家財に加えて、実は物置にも付帯建物として火災保険を適用させられます。


ただし、保険を適用させるための条件などは保険によって異なる場合もあるため、保険会社に相談してみることをおすすめします。


当社ではこういった自然災害によって被害を受けてしまったお住まいに対しても、満足度の高いリフォームや修繕サービスを提供しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。



LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

台風被害を受けた屋根も火災保険が適用できる?|堺市のリフォーム業者が解説します!

「台風の風害で破損した屋根ってなにか保険が適用されるの?」


「火災保険で屋根修理の負担はどこまで減らせるの?」


このような疑問やお悩みを抱えてはいませんか?


台風被害の一つとして強風や飛来物による屋根の損害が挙げられますが、屋根となると高額な修理費用に頭を抱える方も多いのではないでしょうか。


しかし、実は屋根の損傷は火災保険の適用によって修理費用の負担を大きく軽減できることを知らない方もいらっしゃることでしょう。


そこで今回は台風被害を受けた屋根に火災保険が適用されるための条件について解説します。

 

 


風災とは?


まず風災とは、台風などによる強風や竜巻、突風などの自然災害を指します。


これらの影響によって、雨漏り、棟板金や釘などの浮き、屋根材のズレや割れなどの状態が発生すると風災であると認められます。

 


屋根修理に保険の適用が認められる条件


*風災と認められること


基本的に火災保険は、経年劣化による損害に対して補償してくれることはありません。


上記で挙げたように、損害の原因が風災と認められることが前提となります。



*修理が必要と判断されてから3年以内であること


保険金の請求は保険法によって、災害発生後3年以内であれば事後請求も可能とされています。


しかし、保険金の請求には被害状況の詳細が必要になるため、時間が経過するほど被害状況の調査が困難になり、保険金の適用が認められないという可能性があります。


したがって、保険を適用させるためにも、できるだけ被害にあってから日が浅いうちに申請するようにしましょう。




*修理費用が20万円を超えること


保険金の支払い方式がフランチャイズ方式になっている場合には、20万円を損害額の基準にしていることがあります。


つまり損害額が20万円以下の場合には保険金は支払われませんが、21万円以上の場合は保険金が全額支払われるという方式です。


近年ではこういった形式の契約は少なくなってきていますが、火災保険をかなり以前に契約した方は確認してみることをおすすめします。


まとめ


今回は台風被害を受けた屋根に火災保険が適用できるのかということについて解説しました。


屋根の修理に火災保険を適用でき、負担を大きく減らせますが、風災であると認められること、被害発生から3年以内であること、修理費用が20万円以上であることが条件となっています。


保険金の申請には複雑な部分も多々ありますので、お困りの際にはぜひお気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。


また当社ではこうした自然災害によって被害を受けてしまったお住まいに対しても、満足度の高いリフォームや修繕サービスを提供しておりますので、お悩みの際にはぜひ当社の利用をご検討ください。




LINEで写真を送るだけで、簡単お見積り!
今ならなんと、お友達登録をするだけで、
なんと工事費が5%OFFです♪

QRコードまたはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s

こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

初めての方はこちら

お客様の声

リフォームパークスについて

施工事例

会社案内

お役立ち情報

お問い合わせ

    • 業者選びから気をつけよう!マンションリフォームの極意を紹介

    • リフォームしたいけど業者の数が多くて、なかなか決められないという経験はありますか? 家をリフォームすることは、頻繁にあるものではありません。
      >>詳しく見る
    • 古い家だけど大丈夫?築40年以上の戸建てフルリフォームの注意点とは

    • 築40年以上で、一回もリフォームをしていない家はリフォームを検討しましょう。 40年も経つと内装も外装もひどく劣化しており、耐震性や断熱性の面
      >>詳しく見る
    • トラブルは起こしたくない!フルリフォームで起こるトラブル対策を紹介

    • 比較的小さな規模のリフォームではあまりトラブルは起こらないですが、規模が大きくなるほど起こりやすくなってきます。 そのため、トラブルが起こらな
      >>詳しく見る
    • マンションリフォームでハンモックを取り付けたい方はいらっしゃいませんか?

    • マンションリフォームをするときに、ハンモックを付けたいと考えたことはありますか? ハンモックの取り付けは簡単に見えますが、そうではありません。
      >>詳しく見る
    • フルリフォームの予算はどれくらい必要なの?予算1000万円でできることを紹介

    • フルリフォームを考えているけれど、どのくらいのお金を準備したら良いのかわからないといった方はいませんか。 そこで今回は、予算1000万円を目安
      >>詳しく見る
選ばれる理由
LINEで見積り

WEB限定価格!暮らしのリフォーム価格表

  • 暮らしを楽しくわくわく価格表
  • 暮らしの困った解決価格表

私たちがお悩みを解決し、わくわくできる住まいにします!

リフォームパークス大工紹介

プロと一緒に、とことん相談しながら体験見学できる!

オーダーメイドショールームツアー