ブログ

リビングの収納術をご紹介|堺市のリフォームパークス

物が散らかりやすいリビングを改善するための収納術として、リビングのリフォームを検討するのであれば、物を保管できる場所は出し入れがしやすいことも大切です。

その上で、雑誌や小物類もサッと隠すことできるスペースがあれば、突然の来客でも慌てることにはなりません。

この記事では、リビングの収納方法についてご紹介します。





 

□リビングの収納方法

*扉の工夫

アイデアの一つは物を保管する場所の扉の開閉回数を減らすことです。

片づけをする時に扉がないと、それだけアクションも減りますし、物を出したり入れたりするのも楽です。

ただし、まったく扉がないと中が丸見えの状態ですから、見えてしまう部分の整理整頓も大変になります。

引き戸を手前に取り付けることで、隠したいときにはサッと閉めて空間をスッキリとさせることが可能です。

 

 

*リフォームをする

クローゼットや引き出しなどに物がすべて入りきらないため、収納スペースを新たに作るリフォームをすることはよくあります。

しかし実際には、物をしまう場所は十分にあるものの、効率の悪さから物がすべてしまえなかったり、散らかってしまうケースも少なくはありません。

 

*保管場所をフル活用する

保管場所の奥行きを有効活用できていなかったこともあります。

よく見てみると、棚の位置がずれているため、無駄な隙間が空いているなど、クローゼットや棚が活かしきれない、ということも多いです。

隙間をフル活用するために、細かくダボを付けたり、奥まで使用できるように、スライド引き出しを設置するのも良いアイデアです。


 

*ものの収納スペースを作る

散らかる原因は、片付けの場所が決まっていないため、ついついその辺に置いてしまう、ということが挙げられます。

物を一時的に置いてしまうことはとても多いですよね。

テレビやエアコンのリモコン類はまさにその代表例であり、郵便物や雑誌に新聞なども、当然のように置きっぱなしにされやすい種類と言えます。

また使うから、と出したままにすることで、どんどん部屋にはものが増えていきますので、結果的にリビングは散らかり放題です。

一時的に物を置ける専用のスペースを作ることで、その問題は解決します。

トレイや大きめのかごを用意し、使った後にはそこへ入れるようにしましょう。

大雑把だと感じるかもしれませんが、一時的な収納スペースであっても、習慣にすることでかなりスッキリとみえます。

しっかり収納スペースを確保しておけば、リビングに入ったときにも片付いているように見えると思います。

 

 

□終わりに

リビングの収納の工夫についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

収納スペースにいくら工夫をしても、ものがあふれてしまう、という場合はリフォームをすべきでしょう。

効率的なリビング収納をするために物をたっぷりと保管できる、壁面収納リフォームが向いています。

興味のある方は、是非リフォームも検討してみてください。





リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s
こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

キッチンの収納術をご紹介|堺市のリフォームパークス

キッチンは毎日使うものなので、使い勝手を良くすることが非常に重要です。

調理器具や食器の収納場所を変えるだけで、調理や盛り付けがスムーズにはかどることも多いです。

この記事では、リフォームパークスが、キッチンでの快適な収納術をご紹介します。




 

□収納で重視すべきこと

キッチンの収納で一番気を付けたいことは、使用頻度が多い物を一番使い勝手の良い場所に配置するということです。

キッチンには調理器具や食器、雑貨等様々なアイテムがありますが、毎日使う物もあれば、月に数回しか使わないものもあります。

その中には年に1回しか使わないというものもあるでしょう。

毎日使う物を厳選して、一番使いやすい場所にしまっておくと取り出しやすくなります。

それにより作業効率を上げることができます。

 

*使う頻度を考えて収納する

では、一番使いやすい場所というのはどこでしょうか。

立った状態で手をのばして届く範囲が、使い勝手の良い場所になります。

腰をかがめなければいけなかったり、背伸びをして手を伸ばさないと届かないような場所に収納すれば、取り出す動作が増えてしまうので、使い勝手はあまりよくありません。

そのため、そのような場所には使用頻度の高くないものをしまうようにしましょう。

引き出しであれば、1番上の引き出しが一番使用頻度の高い物をしまっておく場所になります。

棚の場合であれば、目線の高さにあるスペースが最も取り出しやすいスペースといえます。

食器をしまうスペースがあまりないという場合は、来客用のティーセットなどはリビングに置いても大丈夫です。

来客時にのみ使用するグラスなどもリビングの棚に飾っておくと、お洒落な雰囲気がでます。

 

*余裕をもたせて収納する

また、食器や調理器具を収納する際には、ある程度余白を設けるようにすると取り出しやすくなります。

食器は沢山積み重なっていたり、奥の方にしまわれていたりすると一旦手前のものをどかさなければなりません。

数が多すぎる場合には、少し減らすことも検討してみましょう。

 

*分類して収納する

毎日使うお茶碗・お椀・お皿・箸・スプーンなどはまとめて取り出しやすい場所に配置しておくことが大切です。

また、お皿は仕切りを設けて縦にしまうこともできます。

お皿をしまう時には、同じサイズのものだけを重ねるとスッキリします。

サイズが違うものを何枚も重ねていると、どうしても取り出しにくくなってしまうからです。

食料品を収納する際には、開封済みの物とまだ未開封の物を別々にしまっておくのがおすすめです。

何個予備があるのか把握できますし、上手に循環させることで備蓄にもなります。

細かく分類しすぎると逆に分かりにくくなるので、カテゴリー別にざっくり分けておくのがおすすめです。

 

□おわりに

キッチンでの収納のポイントについてお伝えしました。

キッチンの収納スペースがそもそも足りない、という方も多いと思います。

そんな方には、リフォームによって床下収納を取り付けるなど、収納スペースを増やすことをおすすめします。

是非リフォームも検討してみてください。

 

 



リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s
こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

服が片付かない!収納術をご紹介|堺市のリフォームパークス

クローゼットに服をつめ込みすぎると、どこに何があるかがわからなくなりますし、見つけ出してもシワが多い状態になっています。

アイロンをかけるのは面倒だからと、同じ組み合わせばかりのファッションになりがちです。

 

このように、ギュウギュウに衣類をつめ込みやすいのがクローゼットですが、洋服収納リフォーム術を活用することでお悩みも解消です。

クローゼットに設置されるパイプは通常1本ですが、10cmほど奥行きを活用することで、パイプも2連タイプの取り付けをすることが出来ます。

肩部分が重なると邪魔になるので、高さは若干ずらして設置をするのもポイントです。

この記事では、衣類の収納術やリフォームについてご紹介します。


 

 



□衣類の収納のポイント

衣類を引き出しに収納をする時には、形を四角くたたみ、重ねるのではなく立てて収納をします。

引き出しの1列の向きを全部同じ方向にすることで、他の衣類が形を崩してしまうことがあるため、収納時には向きを変えるなどの工夫も必要です。

向きを変えることによりストッパーとなるので、引き出しの中で立てて収納をしても、崩れてしまうことがありません。

意外と増えて散らかりやすい靴下は、片方が行方不明になることもあります。

靴下をたたむときには四角く平らに畳んで、引き出しに入れるときは立てて入れましょう。

取り出しやすいですし、探すのも楽なので、靴下を簡単には紛失しません。

 

□クローゼットのリフォームのポイント

使い勝手の良い扉の形にするのも良い方法であり、折れ戸はまさにそれにあたります。

リフォームをする際に、全開口できる種類を選択することで、衣類が一列に並んだ状態でもすぐに服を探すことができます。

クローゼットをスッキリと見せるためにも、ハンガーは同じ形状とカラーで統一をして、ボトムスなどで使う時には色がグラデーションになるように並べます。

同じくらいの丈で並べていくと、グラデーション効果もあり、見た目もかなりおしゃれになります。

□衣類を入れる家具の選び方

衣類を入れる家具は白を選ぶと良い理由は、白ならば様々なインテリアに合わせやすいからです。

リビングなどに置いたとしても、清潔感のある白は清々しく圧迫感も感じさせません。

木目調の天板なども、見た目にもお洒落ですしインテリアにも合わせやすいです。

思い切ってチェストの天板を、合わせやすい白に変えてしまうと、統一感のある白でスッキリと見せることが出来ます。

 

□メタルラックを使う

服の収納においてはメタルラックもおすすめで、賢く活用をして仕切りに使うのも良いアイデアです。

錆びにくくて耐荷重があるのもメタルラックですから、押し入れやクローゼットの中に入れて使う場合にも重宝をします。

 

□終わりに

服を収納する上でのポイントについてご紹介しました。

収納に関してあらゆる工夫を駆使することが出来ますが、3年着用をしない衣類は処分をしていて、衣類をある程度スッキリと減らすのも良い方法です。

また、クローゼットのリフォームを積極的に行って、スペース自体も拡大してみてはいかがでしょうか。

 

 



リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s
こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

【庭リフォーム】おすすめの庭リフォームを堺市の会社がご紹介

「自分の庭をもっときれいにしたい。」

「自分ですべてをするのは難しいから、難しいところは業者に依頼したい。」

生活の満足度を上げるためにも、庭を魅力的にするのは効果的です。

そこで、今回は庭を魅力的にするためのリフォームをいくつかご紹介いたします。

是非、参考にしてみてください。

 



□庭を魅力的にするためのリフォーム

ここでは、いくつかの庭リフォームの詳細と相場をご紹介いたします。


*植栽

シンボルツリーがあるお家は素敵ですよね。

木は家の雰囲気を作るだけではなく、外部からの目隠しにも使えます。

一般的には、一本一式で5万円~10万円程度が相場です。

もちろん、本数が多くなればなるほど、かかる費用は増えていきます。


*タイル敷き詰め

タイルを敷き詰めると、それだけで庭の雰囲気が変わりますよね。

雰囲気が変わるだけではなく、雑草対策にもなります。

「雨が降ったら滑りやすくなりそう。」

このように考える方もいらっしゃると思いますが、最近では滑り止め付きの機能があるタイルもあります。

施工相場は、1平米あたり1万5000円程度となっています。


*フェンスの設置

フェンスをつけないオープンな家も素敵ですが、そのような家は防犯上の不安を残すのではないでしょうか。

フェンスは防犯対策として、また外部からの目隠しとして効果的です。

お子さんがいらっしゃって、防犯面が不安だと思われている方は、フェンスの設置をおすすめします。

フェンスの材料によっても価格は変わってきますが、相場的には、40万円~60万円程度でリフォームできます。


*芝生を張る

芝生のある家でお子さんやペットと一緒に遊ぶ。

このような生活は、多くの方にとって幸せなのではないでしょうか。

芝生を張ることによって、庭に植物を植えなくても緑が多く見えますし、面倒なお手入れを必要としていません。

一般的な芝生を張る工事は1平米あたり1万円程度で済ませられます。


*テラスの設置

テラスのある家は素敵ですよね。

天気の良い休日には、外のテラスでゆっくりとした時間をすごしたいものです。

テラスの形や相場は床の材質で変わってきます。

タイルだと安くなり、木材を使うと多少、高くなります。

施工相場は、30万円程度となります。



□まとめ

今回は、庭を魅力的にするためのリフォームをご紹介いたしました。

リフォームはまとめて行うことで、費用を抑えられます。

是非、ご自宅のお庭をまとめてリフォームしてみてはいかがでしょうか。



リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s
こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

【外壁塗装リフォーム】外壁塗料を堺市の会社がご紹介いたします

「色褪せた外壁をなんとかしたい。」

「外壁塗装の塗料にはどんな塗料があるのだろう。」

外壁の汚れはどうしても目についてしまうので気になりますよね。

そこで、今回は外壁塗料の種類とその特徴をご紹介いたします。

是非、参考にしてみてください。

施工中の様子:外壁塗装の前に不陸調整・補強をおこないました。


□外壁塗料の種類とその特徴

外壁塗料の種類とそれぞれの特徴をご紹介します。


*アクリル塗料

アクリル塗料はツヤや発色が良く、使い勝手が良い塗料です。

一般的な塗料であるため、種類が非常に多いです。

外壁を塗る際に選べる種類が多いのは魅力的ですよね。

他の塗料に比べて圧倒的に価格は安いですが、耐久性に関しては劣るのが欠点です。

耐用年数は3年から5年です。


*ウレタン塗料

一昔前まではウレタン塗料を使用することが主流でしたが、現在はより耐久性に優れた塗料が出てきたため、あまり使われていません。

しかし、密着性に関しては他の塗料よりも優れています。

耐用年数は5年から7年と、アクリル塗料よりは長くなっています。


*シリコン塗料

現在、外壁の塗料としては最も多く使用されています。

価格もそこまで高価ではなく、汚れや色落ちに強く高機能であるため多く使用されています。

耐用年数は7年から10年です。


*ラジカル制御型塗料

ラジカルとは太陽光を吸収する物質で、塗料が劣化する原因となる物質です。

この塗料は、そのラジカルの発生を制御する塗料です。

最近開発された、比較的新しい塗料です。

劣化しにくい塗料なので、耐用年数は長くなっています。

耐用年数は15年から20年です。


*フッ素塗料

フッ素塗料は、非常に耐久性が高い点が特徴的です。

汚れがつきにくく、酸性雨や紫外線に強いので、長い間使えます。

住宅ではなく、高層ビルや橋の塗料として使用することが多いようです。

耐用年数は15年から20年です。


*光触媒塗料

太陽光や雨によって自分で浄化する塗料として近年、注目されています。

価格は高いものの、耐用年数が長く、コストパフォーマンスが良い点が特徴です。

また、空気洗浄機能もあるので、環境にも優しい点が魅力的です。

耐用年数は10年から20年です。


*無機塗料

無機物は劣化しないという特徴があります。

無機物を多く使った無機塗料は他の塗料と比べて、劣化しにくいのです。

光触媒塗料と同様に自然浄化作用があります。

耐用年数は20年から25年です。



□まとめ

今回は、外壁塗料の種類とその特徴をご紹介しました。

外壁塗料は種類によって特徴も耐用年数も異なってくることがご理解いただけたのではないでしょうか。

是非、今回の内容を参考にして、塗料を選んでみてください。

 

施工前の様子
施工後の様子:玄関側壁面上部は、水性シラミシリコン、カラーSR161を採用しました。

 



リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s
こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

新年明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
年頭にあたり謹んで、御祝詞を申し上げます。
昨年中は、格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございました。
本年も倍旧のご愛顧のほどひとえにお願いいたします。



リフォームパークス
コージーハウジング株式会社
菊井 健太郎

◆◇ 年末年始休業のご案内 ◇◆

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

お客様 及びお取引様各位
誠に勝手ではございますが、下記の日程にて年末年始の休業とさせて頂きます。
通常営業は、1月7日(月)からとなります。

 年末年始休業期間 
2018年12月30日(日)〜2019年1月6日(日)

なお、休業期間中もメールでのお問い合わせは随時対応をさせて頂きます。
今後も変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。


リフォームパークス
コージーハウジング株式会社 代表取締役 菊井健太郎

【屋根塗装リフォーム】屋根材と塗料を堺市の会社がご紹介

「屋根が劣化してきた。」

「屋根の塗装は何を選べば良いの?」

屋根の塗装にあたって決めることは、屋根材と塗料の2つです。

それぞれ種類がたくさんあるので、どれを選べば良いのか分からないですよね。

そこで、今回は代表的な屋根材と塗料の特徴と耐用年数をご紹介いたします。


□代表的な屋根材

ここでは、3種類の屋根材の特徴と耐用年数をご紹介いたします。


*瓦

日本家屋で多く見られる瓦ですが、耐久性が非常に高い点が特徴です。

粘土を焼いたそのものの色なので、塗料を塗り替える必要がありません。

厚みも重さもあるので、耐久性だけではなく耐熱性、断熱性、遮音性にも優れています。

耐用年数は50年から100年です。

価格は高いですが、「お手入れが面倒」という方にはお勧めです。


*ストレート

セメントに繊維材料を混合させた屋根材で、耐火性と耐熱性に優れた屋根材です。

瓦と比較すると安く手に入れられるため、住宅の屋根としては主流となっています。

また、軽いので、地震が起きてずり落ちたとしてもあまり被害が大きくなりません。

耐用年数は20年から25年です。

「災害の被害が心配」と思われる方にお勧めです。


*セメント瓦

セメントと砂を混ぜて作られた屋根材で、絶対に燃えないという特徴を持っています。

コストがあまりかからず、色のバリエーションが多いことが特徴です。

耐用年数は30年から40年です。

「少し高くなっても良いから工事をあまりしたくない。」と考えられている方には、このセメント瓦がお勧めです。



□代表的な屋根塗料

ここでは、3種類の屋根塗料の特徴と耐用年数をご紹介いたします。


*アクリル塗料

安価であることが最大の特徴です。

しかし、一方で耐久性が低いのが欠点と言えるでしょう。

耐久年数は5年から8年です。


*ウレタン塗料

アクリル塗料と比べて品質は優れているけれども、十分に価格の安い塗料です。

しかし、ほかの塗料と比べてみて、品質はそこまで良くないので、一時的な塗り替えには適しています。

耐久年数は7年から10年です。


*シリコン塗料

耐久性が高く、価格も非常に高価ではないという点で、コストパフォーマンスが良いという利点があります。

カラーバリエーションも豊富で、現在、住宅用の塗料としては主流になりつつあります。

耐久年数は12年から15年です。


施工中の様子:丁寧に屋根に高圧洗浄をかけています。

 


□まとめ

今回は、屋根材と塗料の、特徴と耐用年数を種類別にご紹介いたしました。

屋根の劣化は、家の外見にもかかわるので、早く修繕したいですよね。

是非、この記事を参考にして屋根の修繕をしてみてはいかがでしょうか。





リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s
こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

【キッチンリフォーム】収納の増やし方を堺市の会社がご紹介

「キッチン周りがごちゃごちゃしている。」

「どうにかして収納を増やしたい。」

このように、キッチンの収納の狭さにお悩みではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが、キッチンのリフォームです。

そこで、今回はキッチンの収納を増やすためのおすすめのリフォームをご紹介いたします。





□キッチンの収納を増やすためのリフォーム

さて、実際にいくつかのリフォームとその特徴をご紹介していきます。


*吊り戸棚設置リフォーム

流しの下や食器棚で収納スペースを確保している方は多くいらっしゃると思いますが、天井付近でも収納スペースを確保できます。

天井付近をうまく活用するためには、吊り棚が効果的です。

吊り棚は、今あるキッチンスペースを変えずにリフォームでき、非常に取り付けが簡単です。

しかし、重い吊り棚を取り付ける際や吊り棚に重いモノを乗せる際には、取り付けだけでなく天井部分の補強リフォームも必要となります。


*床下収納追加リフォーム

「片づけにくい。」

「取り出しにくい。」

このような理由であまり取り付ける方の少ない床下収納ですが、使い方を工夫するだけで効率的に収納スペースを増やせます。

例えば、ホットプレートやたこ焼き器などの使用頻度の少ない家電をそこに収納したり、買い置きしてある調味料を収納したりすることです。

そうすることによって、毎日、床下収納からモノを出したりしまったりしなければならない手間を避けられます。


また、床下収納にはいくつかメリットがあります。

一つ目は、外から収納が見えにくいという点です。

二つ目は、内部に直射日光が当たらないという点です。

これらのメリットは、床下収納以外の収納では見られないメリットではないでしょうか。


*壁面収納リフォーム

「どうしても収納がごちゃごちゃしてしまう。」

そのような方には壁面収納がお勧めです。

壁面収納の最大のメリットは、収納が完全にインテリアの一部になってしまうことでしょう。

どれだけぐちゃぐちゃにしていても、扉を閉めてしまえばすっきりして見えます。

また、作り付けることによって、コンセントの位置に悩むことも、コンセントがぐちゃぐちゃになることも解消されます。

すっきりとしたキッチンにされたい方は特に、この壁面収納がお勧めです。



□まとめ

今回は、キッチンの収納を増やすためのおすすめのリフォームをご紹介いたしました。

キッチンが狭くて不快な思いをしていた方も、どんなリフォームしたら良いのか分からなかった方も、リフォームについてご理解いただけたのではないでしょうか。

是非、この記事を参考にしてキッチンのリフォームをしてみてください。

施工前

 

施工後

リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s
こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

【外構工事】リフォームにかかる費用を堺市の会社がご紹介

「家の外にもこだわりたい。」

「でも、外構工事っていくらくらいかかるのだろう。」

家の中のインテリアはもちろん、家の外のデザインも気になりますよね。

そこで、今回は外構工事にかかる費用を種類別にご紹介いたします。

是非、参考にしてみてください。



□外構工事にかかる費用

実際に、外構工事の種類別にかかる費用をご紹介いたします。


*カーポートの設置

車をお持ちのご家庭ならば、駐車スペースが必要不可欠ですよね。

近くの駐車場を借りるのではなく、家に駐車スペースがあるとより便利です。

カーポートをつくるには工事が必要となります。

工事費用の相場は、50万円から100万円程度です。


*ウッドデッキの設置

庭にウッドデッキのある生活は優雅で素敵ですよね。

ウッドデッキはDIYでも設置できますが、基本的には業者に工事を依頼することが一般的です。

工事にかかる相場は約30万円です。


*フェンスの設置

家の構造にもよりますが、フェンスがないと開放的になりすぎてしまう家もあるのではないでしょうか。

フェンスは外からの目隠しになるだけではなく、防犯対策にもなります。

フェンスの材料によっても費用は変わってきますが、工事費用の相場は約50万円です。



*門扉や門柱の設置

門があると、家の雰囲気に威厳がでるだけでなく、安全面でも安心ですよね。

自分の手で設置するのは難しいので、門を設置する際には業者に頼んで設置することになります。

門全体の工事は約15万円が相場です。


*植物の設置

庭に植物があると、一気に華やかになりますよね。

花を植えるのは気軽ですが、大きな木となると誰かに依頼する必要があります。

庭のシンボルとなるような木を植えられてみてはいかがでしょうか。

1本当たり1万円以下が相場です。



*照明

夜遅くに家に帰ってきたときに、家全体が真っ暗だったらさみしいですよね。

そのような場合には、外に照明をつけることをおすすめします。

防犯面や家の雰囲気づくりの面を考慮しても、照明は欠かせないのではないでしょうか。

最近は、センサー付き等の機能がついているタイプがあるので、自分のニーズに合わせて照明を選べます。

1か所あたり約3万円が相場です。


□まとめ

今回は、外構工事にかかる費用をご紹介いたしました。

外構工事は、デザイン面や安全性の面から効果的な工事です。

工事によって金額は全く違ってきますが、だいたいの相場はご理解いただけたのではないでしょうか。

是非、外構工事をして素敵な家にしてみてはいかがでしょうか。



リフォームパークスのライン@が開設されました♪
お友達登録をするだけで、なんと工事費が5%OFFです♪
QRコード
またはURLからご登録お待ちしております。
https://line.me/R/ti/p/%40aiz0276s
こちらの友だち追加を1クリックでも登録いただけます♪
友だち追加

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

    • 外壁のリフォームに保険を利用する際の注意点を知っていますか?

    • 「外壁のリフォームに火災保険を使えるって聞いたけど本当なの?」 「保険を使ってリフォームを行う際に注意点ってあるのかな」 保険を使ってリ
      >>詳しく見る
    • 適用できるの!?雨漏りに伴うリフォームの火災保険について徹底解説!

    • 「最近雨漏りが起きたのでどうにかしたい」 「保険を使ってリフォームできるのかな?」 リフォームに保険を適用できると、費用が抑えられるので
      >>詳しく見る
    • 火災保険を利用したリフォームの詐欺に気をつけよう!手口と対処法を解説

    • 「火災保険でのリフォームを狙った詐欺が多いって本当?」 「どのような手口で詐欺が行われているのだろう?」 火災保険を利用してリフォームを
      >>詳しく見る
    • これで安心!地震保険をリフォームに利用するための条件とは!

    • 「自分の家は地震保険を利用してリフォームできるのかな?」 「地震保険を使う際になにか条件ってあるのかな」 地震による被害でリフォームが必
      >>詳しく見る
    • 屋根のリフォームに火災保険を利用できることを知っていますか?

    • 「屋根のリフォームに火災保険が使えるって本当?」 「火災保険を利用する方法について詳しく知りたい!」 突然ですが、屋根のリフォームに火災
      >>詳しく見る
選ばれる理由

WEB限定価格!暮らしのリフォーム価格表

  • 暮らしを楽しくわくわく価格表
  • 暮らしの困った解決価格表

私たちがお悩みを解決し、わくわくできる住まいにします!

リフォームパークス大工紹介

プロと一緒に、とことん相談しながら体験見学できる!

オーダーメイドショールームツアー